トップ > コリアナウ > 社会 > 韓国の総人口5173万人、政府樹立以来初の減少

韓国の総人口5173万人、政府樹立以来初の減少


韓国の統計庁が28日に明らかにしたところによると、昨年11月1日基準の韓国の総人口は5173万8000人で、前年比9万000人(0.2%)減少した。

韓国の総人口が減少したのは韓国の政府樹立後に統計集計が始まった1949年以来、初めてのことだ。

韓国人と外国人の両方が減少した。韓国人は5008万8000人で4万5000人減り、外国人は165万人で4万6000人減少した。

性別で見ると男性が2585万人、女性が2588万8000人と女性が3万8000人多かった。女性100人当たり男性の数は99.9人だ。年齢別では20代が女性100人当たり男性111.8人で最も多く、90歳以上では女性100人当たり男性27.8人で最も少なかった。

世代別では50代の人口(857万6000人)が最も多かった。続いて40代(811万6000人)、60代(707万4000人)の順だった。

特に0~14歳の人口は2.7%(16万7000人)減少した反面、65歳以上の高齢者人口は5.1%(41万9000人)増加し、高齢化傾向が明確であることが分かった。

国内に3か月以上居住した外国人は男性90万7000人、女性74万3000人、計165万人と総人口の3.2%を占めた。国籍別では中国(韓国系)が52万3000人で最も多かった。続いてベトナム(20万人)、中国(19万3000人)、タイ(15万9000人)の順だった。
  • 毎日経済 | コ・ドクグァン毎経ドットコム記者
  • 入力 2022-07-28 14:48:06