トップ > コリアナウ > 社会 > 韓国、8月限定でノービザ入国が可能に 日本・台湾・マカオが対象

韓国、8月限定でノービザ入国が可能に 日本・台湾・マカオが対象


日本、台湾、マカオ3か国の観光客に対し8月の1か月間、ノービザ入国が許可される。

3日、ソウル市によると、この日ソウル市、文化体育観光部、法務部、外交部、疾病管理庁などが参加した「第100回海外流入状況評価関係省庁会議」でこのような案件が確定した。日本(年間327万人)は2019年基準で訪韓観光客に占める割合が中国に続き2位だった。台湾(126万人)とマカオ(5万人)はそれぞれ3位、23位だ。

市は6月からこれらの国に対するノービザ入国許容を政府に要求してきた。特に10日から5日間、電気自動車競走大会、K-POP公演などで構成された「ソウルフェスタ2022」が開かれる中で、日本など在外公館でビザ発給に3~4週間もかかり観光客誘致が難しいという憂慮があった。市はノービザ入国再開で韓国訪問と旅行の不便さが改善され、ソウルの訪問客数が漸進的に回復するものと期待している。

ただ、昨年9月からノービザ入国可能国を対象に電子旅行許可制度(K-ETA)が施行され、ビザが必要なくても出発の72時間前にK-ETAを申請した後、許可をもらわないといけない。市は大規模な人波と密集が予想される「ソウルフェスタ2022」期間中、会場の消毒、体温測定、安全要員の配置など徹底した防疫態勢を準備中だ。ソウル市のチェ・キョンジュ観光体育局長は「8月の1か月だが、ソウルを訪れる外来観光客が美食、夜景、ビューティーなどソウルならではの魅力を体験できるよう最善を尽くす」と述べた。
  • 毎日経済 | リュ・ヨンウク記者
  • 入力 2022-08-03 17:54:42