トップ > コリアナウ > 社会 > 尹錫悦大統領「水害に遭った国民に謝罪」 ソウル市長は雨水処理施設改善を約束

尹錫悦大統領「水害に遭った国民に謝罪」 ソウル市長は雨水処理施設改善を約束


115年前に気象観測が始まって以来、前例のない集中豪雨により被害を受けたソウル市が下水施設の1時間当たりの雨水処理容量を最大110ミリへと大幅に引き上げることにした。

呉世勲(オ・セフン)ソウル市長は10日「現在、30年に1度の頻度・降水量95ミリを基準にしている1時間当たりの処理容量を最低でも50年頻度100ミリに引き上げ、特に盆地のような地形の江南の場合は100年頻度110ミリに耐えられるように目標を引き上げる」と明らかにした。

呉世勲市長はこのために「今後10年間、1兆5000億ウォンを投資して2011年以降中断されていた常習浸水地域6か所に対する雨水貯留排水施設建設を再び推進する」と述べた。呉世勲市長は特にこの事業と並行して「既存の下水管路の整備、小規模雨水貯留槽、雨水ポンプ場などを推進して3兆ウォンを投資する計画」と付け加えた。

尹錫悦(ユン・ソンニョル)大統領は集中豪雨により人命被害が発生したことに対して「不便をかけた国民に政府を代表して申し訳ない気持ちだ」と謝罪した。
  • 毎日経済 リュ・ヨンウク記者 / パク・イネ記者
  • 入力 2022-08-10 17:56:34