トップ > コリアナウ > 社会 > 韓国、「小規模太陽光発電」乱立により大規模停電の懸念が高まる

韓国、「小規模太陽光発電」乱立により大規模停電の懸念が高まる


電力当局の管理死角地帯にある小規模太陽光発電(別名ミニ太陽光)が文在寅(ムン・ジェイン)政府の時に雨後のたけのこのように増え、「電力網大混乱」を引き起こす雷管になりかねないという憂慮が高まっている。前任の文在寅政府の急進的な再生可能エネルギー普及政策の余波により直近5年間で100キロワット未満の小規模太陽光発電は2倍以上急増した。

問題は小規模太陽光発電に対する管理・監督規定がなく、太陽光過剰生産により電力系統に問題が発生すれば適切な対処が難しいという点だ。電力系統の不安定性が大きくなればブラックアウト(大規模停電)事態が起こりかねない。

19日、電力統計情報システムによると全体太陽光発電(2万287メガワット)のうち、小規模太陽光発電の設備は28.7%を占めている。小規模太陽光発電の容量は2018年2358メガワットに過ぎなかったが、2021年5177メガワットまで増え5年間で2倍以上が増加した。

現在、小規模太陽光発電の総設備容量は原子力発電6基に迫る5843メガワットに達する。韓国電力公社は太陽光発電が急増したことを受け、来年10月から配電網を利用する100キロワット以上の太陽光発電に対して監視・制御を行うと明らかにした。

過剰生産で電力網に問題が生じる場合に出力制御など即刻措置を取るためだ。ただし100キロワット未満には費用効率化などを理由にこの要件を適用しなかった。
  • 毎日経済 | ソン・グァンソプ記者
  • 入力 2022-09-19 18:00:04