「太陽の末裔」発の軍風に女子学生が惚れ込む

女性学生軍事教育団への志願が史上最高…競争率6.2対1 

『太陽の末裔』の効果が大学街の女心に火を点け、軍風に転換し現れた。

1日、陸軍学生中央軍事学校によると先月31日にオンラインで締め切りになった学軍士官(ROTC / Reserve Officers'Training Corps)57期女性候補生の募集に1812人が志願した。これは、陸軍学生中央軍事学校が女性学生軍事教育団を募集した2010年以降で最も多く、昨年より33%増えた規模だ。 57・58期男女全体の志願者数は1万9033人で、昨年(1万9159人)より小幅減少した。

女性学生軍事教育団は、2010年に337人(募集定員60人)で開始して2011年は1723人(250人)、2012年は1293人(250人)、2013年は1292人(250人)、2014年は1522人(250人)、2015年は1362人(250人)が志願した。今年の場合、初めて学生軍事教育団が創設された梨花女子大学が含まれ、全体の募集定員が290人に増えた。淑明女子大学・誠信女子大学・梨花女子大学の2年生の生徒をそれぞれ30人選抜し、その他の総合大学から地域別に募集する。

昨年と比較して志願者数の増加率(33%)が募集定員の増加率(16%)よりも約2倍高いのは視聴率30%台を超えた人気ドラマ『太陽の末裔』が触媒剤の役割をしたものとみられる。先月、学生軍事教育団がある各女子大学で行われた学生軍事教育団募集説明会には、通常よりも多くの学生が集り関心が高かった。

梨花女子大学の場合は5回の説明会に合計600人余りが、2回の説明会を行った淑明女子大学の場合も昨年より2倍ほど多い100人余りが参加した。淑明女子大学はドラマの主人公ソン・ジュンギとソン・ヘギョの写真を入れたプラカードを披露し、学生の関心を引いた。

ある女子大学の学生軍事教育団関係者は、「ドラマの影響からか女子学生のうち、まだ学生軍事教育団対象者ではない新入生たちも軍隊と軍人に関心を示している」とし「女子学生の場合、男子学生とは異なり軍服務必須ではないにもかかわらず軍人を職業として考えようという学生が増えている」と話した。学生軍事教育団に志願したある女子大生(22)は、「リーダーシップを養うことができるという考えで学軍士官候補生に志願した」とし「梨花女子大学が追加で学生軍事教育団を創設した効果に、軍隊で積んだ組織生活の経験を1つのスペックとしてとらえようとする学生もいるようだ」と話した。
  • 毎日経済 カン・ボンジン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2016-04-01 16:01:57