3冠王は帰化、最高4位でも6連続五輪出場する韓国


2014年ソチ五輪スピードスケート5000メートルのイ・スンフン(26)に続いて、信じていたモ・テボム(25。以上の航空会社)まで500メートルで4位にとどまり、メダル狩りに失敗した。

ソチオリンピック3日目の11日明け方(韓国時間)までに、総合10位圏進入が目的だった韓国は、ただ一個のメダルを獲得できないままに順位圏の外にとどまった。

しかし、実質的にみるならばメダル獲得には成功した。ロシアに帰化したビクトール・アン(アン・ヒョンス)がショートトラック男子1500メートル決勝で2分15秒062を記録し、銅メダルに食い込んだからだ。

  • ロシアに帰化して銅メダルを獲得したアン・ヒョンス(ビクトール・アン)、写真(ソチ)=オク・ヨンファ記者

もしも2011年にロシアに帰化していなかったら、アン・ヒョンスは大韓民国に貴重なメダルをプレゼントしただろうという点で、韓国スポーツ界に示唆するところは大きい。

2006年トニーノ冬季オリンピックで、男子ショートトラック1000メートル、1500メートル、5000メートルリレーの3冠王に上がったアン・ヒョンスは、韓国の看板スターとして浮上した。

しかし、アン・ヒョンスは国内での選手生活を通して、韓国氷上界の病弊である派閥争いの中心に立っていたし、けがや所属チームの解体などで、選手生活をあきらめなければならない状況に置かれた。

このような状況を看破して、アン・ヒョンスの資質と能力に目をつけたロシアスケート連盟は帰化を提案し、アン・ヒョンスは周囲の非難さえ覚悟した選択の末に、太極マークではなくロシアの国家代表としてソチ五輪に出場した。

アン・ヒョンスは2011年、彼がプレーしていた城南市庁が解体された後、私費で単独トレーニングしようとロシアに渡った。当時、1年間の訓練を目的としたが、ロシアの強固な財政支援を約束した帰化勧誘と、国籍取得が容易だという点を考慮し、国籍を変えた。

派閥争いに起因する精神的苦労に加え、所属チームの解散後、無職者の身分になった状況で、アン・ヒョンスのロシア行をうがった視線で眺める人々がいる。

韓国のショートトラック強者だったアン・ヒョンスは、なぜロシア帰化という極端な選択をしたのか。まさにスポーツ界に蔓延した学縁・地縁などに起因する弊害からだ。

2006年トリノオリンピック3冠王を占めた強者であったアン・ヒョンスは、2010年のバンクーバーオリンピックショートトラック国家代表から脱落した。

  • 6回連続ショートトラック国家代表に抜擢されたが、2006年トリノ五輪4位が最高記録であるイ・ギュヒョク、写真(ソチ)=オク・ヨンファ記者

これに反して、同じ年の1000メートルで4位に上がったのが五輪最高記録であるイ・ギュヒョク(35)は抜擢され、太極マークをつけた。彼は今回のソチオリンピックでも6回連続代表に選抜され、最初のメダル狩りに挑戦したが、500メートルで18位に終わってしまった。

国際大会で特別な成績を出せなかったうえ、明確な下降傾向を見せているイ・ギュヒョクが、国家代表に選抜されるところに注釈を付ける者は誰もいなかった。

一方、ロシアのメディアはアン・ヒョンスの銅メダルニュースを伝え、彼を絶賛した。

これとあわせて、「韓国は今、‘なぜアン・ヒョンスを逃がしたか’に対して不満に満ちたファンの反応と、怒りに満ちた記事に触れることができる」とし、「しかし列車はすでに出発した。彼は現在、ロシアのレールの上にある」と報道して、韓国国民に向かって二度も大砲を撃ち込んだ。

一方、男子スピードスケートのイ・ギュヒョクは、1994年にリレハンメル以後、2014年ソチまで、20年の間に6回連続でオリンピックに出場している。イ・ギュヒョクのオリンピック最高成績は、2006年のトリノオリンピック1000メートルで得られた4位。イ・ギュヒョクとアン・ヒョンスは同じ大韓氷上連盟所属でありながら、あまりにも別の道を歩いた。

イ・ギュヒョクの周辺には派閥争いも、同僚との間の神経戦もなかった。彼は高校時代から坦々たる大路を歩み、40歳を眺める今まで、ただ一度の雑音なしで選手生活を続けている。

あいにく10日にアン・ヒョンスとイ・ギュヒョクは一緒に試合に臨んだ。アン・ヒョンスは1500メートルで銅メダル、イ・ギュヒョクは500メートルで18位を記録した。
  • MKスポーツ_ユ・ソグン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2014-02-11 14:30:39