トップ > コリアナウ > 事件事故 > カード会社の個人情報流出波紋, 2000万人

カード会社の個人情報流出波紋, 2000万人

カード番号・有効期限等...電話購入・海外インターネット通販詐欺の懸念/国民銀行など、カード連携口座の情報も流出 

カード会社3社から流出した顧客情報だけで、電話での購入や海外ネットショッピングを思いのままに行えることが分かり、一波万波の被害拡散が憂慮される。パスワードを知らなくても、カード番号と有効期限がわかれば決済可能な取引が多いからだ。

特にカード会社3社の顧客情報だけでなく、KB国民銀行や貯蓄銀行、キャピタルなどのような、系列会社の顧客情報も一緒に流出したことが明らかになった。さらに、他社カードの発行情報や他社カードの利用実績のような、別の金融会社の情報も含まれていることが明らかになり、波紋が大きくなる見通しだ。

金融監督院は19日、KB国民カード・NH農協カード・ロッテカードの3社から流出した情報は、名前・住民登録番号・電話番号のような個人を特定できる情報はもちろん、個人信用情報まで20余りの細かい情報が一度に流出したと明らかにした。

流出被害情報の件数は、KB国民カードは4000万件余り、NH農協カードとロッテカードはそれぞれ2000万件余りに達している。一部の法人顧客と死亡者・重複加入者・未成年者を除いても、1500万~2000万人に達すると推定される。大部分の成人国民の情報が流出したわけだ。

特に農協カードとロッテカードは、カード番号と有効期限の情報が同時に流出したことが確認された。問題は、カード番号と有効期限を同時に知っている場合、電話で航空券や保険、花の配達などのサービスを簡単に購入できるという点である。ホームショッピングも、最初の取引のみパスワードを要求するだけで、以後は2つの情報だけでも取引が可能だ。

さらに、アマゾンをはじめとする海外のインターネットサイトでは、カード番号と有効期限がわかれば決済が可能で、2次被害が懸念される。

金融業界の関係者は、「情報が100%すべて回収されたという確証がない状態で、カード番号と有効期限が一緒に出たなら、再発行するのが正しいだろう」と話した。

金融監督院は、被害が発生しても電子金融取引法にしたがって補償を受けることができると明らかにした。ただし、文字メッセージや電話を通じた金融詐欺であるスミッシングやボイスフィッシングなどの、追加の被害の可能性に対しては留意しなければならないと付け加えた。

金融監督院はまた、昨年の情報流出が確認されたシティバンクやSC銀行以外に、14の金融会社の顧客情報114万件が追加で流出したことが分かったと発表した。

このように、顧客情報流出の内容が実際に確認され、金融消費者が週末にわたって大きな混乱を経験した。流出内容を確認しようとする顧客が殺到し、NH農協カードのホームページはまったく麻痺し、KB国民カードはホームページがスムーズに動作しなかった。

特にKB国民カードの発行を受けたことがない人の中で、今回の流出事件の被害者として確認された事例も多いことが分かり、衝撃を加えている。

直接銀行口座を開設していなくても、株式投資の目的で国民銀行の仮想口座を開設した場合にも、個人情報が流出したことが分かった。

金融監督院は同日午後、緊急ブリーフィングを行ったのに続き、コ・スンボム金融委員会事務局長は3つのカード会社社長を招集し、関連対策の準備を促した。国民銀行に対する現場検査もこの日、電撃的に開始された。
  • 毎日経済_ソン・ソンフン記者/バクヨンボム記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2014-01-19 17:34:24