トップ > コリアナウ > 政治 > 韓・ロ、東北アジア初のビザ免除

韓・ロ、東北アジア初のビザ免除

駐韓ロシア大使、統一された韓国からユーラシア鉄道で両国が行き来することを願って… 

「これで韓国人がソチ冬季オリンピックでキム・ヨナ選手をもう少し気楽に会えるようになりました」

コンスタンティン・ブヌコフ駐韓ロシア大使は13日、毎日経済とのインタビューで今年から施行された韓・ロ間ビザ免除協定に対し、「ロシアが東北アジアでビザ免除協定を結んだ最初の国が韓国」とし、「年ごとに増える両国の交流がこれからさらに活発になるだろう」と期待した。

韓・ロのビザ免除協定を通じ、両国の国民はビザなしで両国に滞在することができる。ただし7日をこえてロシアに滞在するときは、居住登録をしなければならない。このビザ免除協定は、両国に60日以内滞在する観光客を含め、会議のために出席するビジネスマン、学生などすべての人に該当する。高麗人と呼ばれるロシア国籍の韓国人も60日以内で、自由に韓国を出入りすることができる。

ブヌコフ大使は韓国とのビザ免除協定締結の背景について、「このビザ免除協定は、両者の関係が成熟段階には至らなければ簡単に結ぶことが難しいもので、それほどロシアと韓国の関係が近づいたことを意味する」と語った。

アン・ヨンヂプ外交部在外同胞領事局長も「これまで両国が互いを戦略的協力パートナー関係と規定したが、具体的な実行という面では微々だった」とし、「今回の協定を通じて両国関係はさらに一段階跳躍した」と評価した。

ブヌコフ大使は「韓国の統一を全面的に支持する」とし、「統一された韓国からユーラシア鉄道を使通じてロシアを行き来できるようになると、このビザ免除協定は両国にそれほど大きなチャンスの扉を開いてくれるだろう」と強調した。

今回のビザ免除協定を通じ、観光の分野で最も目立つ効果が現れるものと思われる。

ブヌコフ大使は「ロシアの冬は観光のオフシーズンですが、年初のロシア旅行の準備をしている韓国人たちはかなり活発だと伝えられている」とし、「ビザ免除協定の効果ではないかと思う」と語った。ブヌコフ大使は「ロシア国内旅行の雰囲気も同じ」とし、「特にロシア人の金離れの良さは他の地域の外国人観光客よりも大きく、ビザ免除協定を通じてロシア人観光客の数が増えるほどに、韓国の観光収入も増えるだろう」と語って笑い出した。

ロシア大使館側はロシア人観光客の1人当たりの消費規模は1987ドルで、他の国の平均である475ドルの4倍に達すると明らかにした。韓国の場合、先進の医療技術が今回の協定ではたっぷりと恩恵を受ける分野として議論されている。

ブヌコフ大使は今後は中国・日本など、東北アジアの他の国々ともビザ免除協定に関する議論が開始されるが、関係の成熟が前提にされるべきだと釘を刺した。大使は「ロシアと韓国は歴史的な紛争もなく、政治的対話も活発に行われている」とし、「ロシアと日本間のビザ免除協定がいまは推進されていないことも、両者の間に解決すべき問題と東北アジアの力学関係などが考慮されている」と説明した。

大使は「とは言え、中国とは国境地域を中心に、1泊2日などの短期旅行はビザなしで可能だ」と付け加えた。

ブヌコフ大使は、「2014~2015年は韓・ロ両国が相互訪問の年を指定した」とし、「今回の協定を通じ、両国が多様な面で関係がさらに発展すればと思う」と期待した。
  • 毎日経済_ムン・スイン記者/写真=キム・ヂェフン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2014-01-13 17:42:34