ホン・ヨンギ、無理な減量により公開体重検査で倒れる


23日、ソウルのグランドヒルトンホテルでロードFC33公開体重検査が行われた。ホン・ヨンギが無理な減量により意識がもうろうとしている状態で体重検査に通過した後に倒れ、審判の支えを受けてポーズを取っている。

ロードFCの関係者は23日午後、MKスポーツを通じて「体重検査の当日の午前まで減量したと聞いた。断食に近い絶食により体重を減らしたことにより気力が非常に低下していた」とし「休憩を取りながら、食べ物も少しずつ自ら食べて回復してきている」と明らかにした。現在は、栄養と水分の摂取を徐々に増やしながら健康を回復している。

ホン・ヨンギは24日、ロードFC33で、上迫博仁(29・日本)とフェザー級(-66kg)の試合を行う。上迫は日本名門訓練チーム「和術慧舟會」に属している。
  • 毎日経済 MKスポーツ(ホン・ウンドン)=キム・ジェヒョン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2016-09-23 18:05:34