イ・ビョンホン♥イ・ミンジョン結婚...ウェディングドレスは「Marchesa」

キム・ナムジュから始まった芸能人の外国製ドレス 

トップスター、イ・ビョンホンとイ・ミンジョンが去る10日、ソウル龍山区のグランドハイアットソウルで結婚式を挙げた中で、結婚式の花新婦イ・ミンジョンが選択したウェディングドレスが話題だ。

イ・ミンジョンが選択したウェディングドレスは、米国ニューヨークで2004年にジョージア・チャップマンとケレン・クレイグがランチングしたドレス専門ブランドである「Marchesa(マルケッサ)」で知られた。Marchesaはランチングしてから長くないが、独創的なデザインと高級な素材の使用でジェシカ・アルバなどハリウッド有名スターがレッドカーペットのドレスで愛用しているブランドだ。ドレス1着当たりの平均価格は米ドル1万5000~2万ドルに達する。

イ・ミンジョンは国内芸能人の中では初めてMarchesaのドレスを着た。そのうえ、記者会見用と本式、披露宴用ドレスまですべて3着を直接購入して財力を誇示した。だが実際はMarchesaを初めて着るという噂効果を勘案して、相当な水準で割引を受けたであろうというのが業界の推測だ。

イ・ミンジョンが記者会見で着たレース装飾のホワイトドレスは、英国のケイト・ミドルトン皇太子妃の結婚式ドレスのレース装飾と類似している。
  • 毎日経済_キム・ジミ記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2013-08-12 17:08:48