トップ > コリアナウ > 事件事故 > 歌手チャン・ユンジョンの母親、「娘の金は私の金」敗訴

歌手チャン・ユンジョンの母親、「娘の金は私の金」敗訴


歌手チャン・ユンジョン(34)の母親が、娘が稼いだお金の所有権を主張してチャン・ユンジョンの所属社に訴訟を提起して敗訴した。

ソウル中央地法民事合意42部(マ・ヨンジュ部長判事)は、ユク氏(58)が「貸したお金を返せ」とINWOOプロダクションなどを相手に出した訴訟で、原告敗訴の判決が下されたと26日、明らかにした。チャン・ユンジョンの収入の大部分を保管・管理してきたユク氏は、2007年ごろ、チャン・ユンジョンの所属社にお金を貸し借用書を受けた。借用書にはユク氏が7億ウォンを貸し出したとされていた。ユク氏はチャン・ユンジョン所属社がお金を借りた後、一銭も返済しなかったとして訴訟を起こした。

所属社はユク氏から5億4000万ウォンだけ受け、数日後全額を返済したと対立した。争点はチャン・ユンジョンのお金に対するユク氏の所有権を認めることができるかどうかだったが、裁判部は受け入れなかった。裁判部は「チャン・ユンジョンは自身の収入をユク氏の思い通りに使うように許諾したことがない」とし、「ユク氏がお金を管理したからといって所有権を持つものではない」」と判示した。
  • 毎日経済 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2014-06-26 15:20:25