トップ > コリアナウ > 社会 > 「9級公務員」筆記試験…5000人選抜に20万人集まる

「9級公務員」筆記試験…5000人選抜に20万人集まる


韓国で2018年度国家公務員9級公開採用筆記試験が7日午前10時から全国17市・道、317の試験会場で行われる。

人事革新処は6日、合計4953人を選抜する今回の試験に20万2978人が志願し、平均競争率は41対1だと明らかにした。

22万8000人が志願していた昨年より2万5000人の受験生が減った。

競争率も2016年の53.8対1、2017年の46.5対1、今年は41対1と減少傾向を示した。

人事革新処は「試験科目が似ていて採用人員が多く増加した地方公務員・消防など特定職採用試験に志願者が分散されたようだ」と分析した。

筆記試験の実際の受験者(暫定)は試験当日の午後遅くに公開される予定だ。

試験会場はソウル79校と地方238校であり、試験教室は合計7630室だ。

願書受付者のうち女性の割合は54.1%(10万9千786人)で、平均年齢は29.3歳だ。

最も高い競争率を見せているのは行政職群の行政職(教育行政:一般)で、45人の募集に9310人が志願して206.9対1を記録した。

技術職群では施設職(建築:一般)が18人の募集に2359人が志願して131.1対1の競争率を見せた。
  • 毎日経済 デジタルニュース局 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2018-04-06 10:39:43