毎日乳業のカップコーヒーから過酸化水素…「出荷停止・商品回収」


毎日乳業が発売したカップコーヒーから有害物質である過酸化水素が検出された。

27日、毎日乳業は最近チョンヤン工場で生産された「バリスタル・ルール(BARISTA Rules)」325ミリリットルから微量の過酸化水素が検出されたと明らかにした。毎日乳業は工場に保管中だった製品9万9千個の出荷を停止し、現在いくつかの店に残っていると予想される製品の回収も進行中だと説明した。

回収対象製品は「フライネル・ドリップラテ」、「ベルジウム・ショコラモカ」、「マダガスカル・バニラビーン・ラテ」などだ。

毎日乳業の関係者は「カップを消毒する過程で過酸化水素を使用した後、熱風乾燥により消す過程で事故が起きたようだ」と説明したことが分かった。
  • シックニュース アン・イェラン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2018-04-27 15:11:00