トップ > コリアナウ > 事件事故 > 第2ロッテワールド工事区域にシンクホールが発生

第2ロッテワールド工事区域にシンクホールが発生

第2ロッテワールド工事と関連してシンクホールおよび道路の地盤沈下現象疑惑 

  • 第2ロッテワールド工事区域にシンクホールが発生
松坡(ソンパ)区石村(ソクチョン)湖水そばの裏通りにシンクホールが発生して話題だ。

警察によると、5日午後12時20分頃、ソウル市松坡区石村駅近くの道路で原因が明らかにされていないシンクホール(sink hole)が発生し、オンライン上で「ソウル石村洞にシンクホールができた」という便りと共に現場の写真がSNSを通じて急速度で広がっている。

人命被害は幸いなことになく、このため周辺の一部の道路区間が統制されたと伝えられた。公開された写真には、往復6車線道路の真ん中にシンクホールができ、警察が道路をふさいで立っており、周辺にはこれを見ている人たちの姿が込められている。

シンクホールは石村駅から三田洞(サムジョンドン)に渡る地下車道の端の部分にできたものと知らされており、深さは3mほどと推定されている。ここは、最近第2ロッテワールド工事と関連してシンクホールおよび道路の地盤沈下現象疑惑が提起された近隣地域だ。これに対し松坡区は、近隣建物の下水管の連結が誤って発生した現象だと釈明したが、市民達の不安は日増しに大きくなっている。
  • 毎日経済 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2014-08-05 17:23:36