大法院「良心的兵役拒否は無罪」…14年ぶりの変化

公平性論難・世論分裂の波紋 

◆ 良心的兵役拒否に無罪 ◆

宗教や信念に基づいて軍入隊を拒否する、いわゆる「良心的兵役拒否」が14年ぶりに最高裁で受け入れられた。

1日、最高裁判所全員合議体(主審キム・ジェヒョン大法官)は、現役入隊を拒否して兵役法違反などの疑いで起訴されたオ・スンホンさん(34)の上告審で、最高裁判事9(無罪)対4(有罪)の意見で、懲役1年6か月を宣告した原審を破って、事件を無罪趣旨で昌原地法院に差し戻した。良心的兵役拒否が兵役法第88条第1項に規定した「正当な兵役拒否」事由に該当することから、刑事処罰を行うことはできないという趣旨だ。 2004年8月に最高裁が「正当な事由に該当しない」と有罪を宣告した後、14年3ヶ月ぶりに判例が変更されたわけだ。

裁判部は「真正な良心に従った兵役拒否ならば、正当な兵役拒否事由に該当する」と判断した。続いて、「良心的兵役拒否の刑事罰は良心の自由を過度に制限し、良心の自由のために本質的に脅威になる」と付け加えた。また「国民の多数の同意を得られなかったという理由で、良心的兵役拒否者を国が無視することはできない」とし、「いまやこのような者を寛容し、包容することができなければならない」と説明した。

大法院全員合議体はこの日、宗教・信念などの良心的兵役拒否が正当な兵役拒否事由に該当するとの結論を下して、同様の訴訟も同様の趣旨で判決が下される見込みだ。先月31日の時点で、大法院に係留されている事件は227件だ。ただし、すでに有罪確定判決を受けた場合には、救済を受けることは難しいと思われる。

一方、国防部は兵務庁などとともに実施方案を検討した結果、18ヶ月基準の現役兵よりも2倍多い36ヶ月を代替服務する方向に舵を取ったと伝えられた。
  • 毎日経済_ソン・グァンソプ記者/プ・ヂャンウォン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2018-11-01 18:07:31