トップ > コリアナウ > 事件事故 > 第2ロッテワールド付近のシンクホール...トンネル工事が原因

第2ロッテワールド付近のシンクホール...トンネル工事が原因

地下水に脆弱な砂と砂利が厚く積もった区間 

今月5日、ソウル石村地下車道の前に長さ8m、深さ5mほどのシンクホールが発生した。

ソウル市が一週間ほど、このシンクホールの発生原因を調査し、1回目の調査結果を発表した。ソウル市が明らかにしたシンクホールの原因は、すぐ近くの地下鉄工事。地下鉄9号線の3段階の建設のために石村地下車道の下部を通過するトンネル工事を有力な原因と推定した。また、この区間は地下水に脆弱な砂と砂利が厚く積もった区間で、地下水の水位の変動によって沈下が発生する可能性が大きいと説明した。

関心が集まった周辺石村湖の水位との関連性については慎重な立場を明らかにした。「湖と現場の距離が遠く、直接的な関連性はない」とし、「追加の精密調査を実施して、明確な原因を明らかにする」と強調したのだ。石村地下車道は精密安全診断と補修が終わり次第、通行が再開される予定だ。

また、問題になったトンネル工事は今月末まで周辺に及ぼす影響を精密調査して、中止するかどうかを決定するという方針だ。
  • MBN | (C) mk.co.kr
  • 入力 2014-08-15 04:00:11