マジックミラーの前に立つだけ…仮想試着システム


  • ソウル東大門「ウィズイン24」店でキム・ハギョン記者が仮想試着サービスを試している。 キム・ヂェフン記者



ソウル市東大門の真ん中に位置する複合ショッピングモール「Lotte Fitin(ロッテフィットイン)」。このショッピングモールの2階に特別な店がある。情報通信技術(ICT)を組み合わせてオーダーメイドで衣類を製作できる「ウィズイン24」だ。

韓国ファッション産業協会が運営する「ウィズイン24」はデジタル要素を結合し、新概念の注文服の制作サービスを提供するところだ。仮想フッティングの機械などを利用して自分の体型やスタイルに合わせて服を注文すると、すぐさま生産に入って24時間以内にオーダーメイド服が完成する形式だ。

「ウィズイン24」は産業通商資源部とソウル市が25日、先端情報技術(IT)を活用して東大門を世界のファッション業界のハブに育てるとして発表した「東大門ファッション市場活性化5大プロジェクト」の中のひとつだ。

売り場に入ると仮想試着システム(Virtual Fitting System)を搭載した大型の機械が2台、目に入ってくる。この機械は手でタッチする必要もなく、手の動作だけで画面を移動させることができる。機械から少し離れた場所に立って手を動かして性別を選択すれば、自分の顔が入ったアバターが形成される。アバターが作成されると、自分のヘアスタイルと肌の色を選択すればよい。

アバターは利用者の体型をほぼそのまま反映して作られる。その後はトップス、ボトムス、アウター、ワンピースなどの、さまざまな種類の服を仮想的にフィッティングしてみると良い。選択された衣類を仮想的に試着したときに、サイズが小さい部分は赤で表示される。その後、仮想フィッティングを完了した画像は、QRコードを使用して携帯電話で受け取ることができる。

「ウィズイン24」に用意された衣類は約105種類で、いろいろなものを組み合わせて視覚化することができるスタイルは1000種に達する。衣類は韓国のファッション産業協会が産業通商資源部の支援を受けて運営するK-Fashionショールーム「LEDOME(ルドーム)」に入店した、デザイナーブランドのうちから選ばれた15ブランドで用意した。各衣類の基本的なスタイル(女性製品は55サイズ、男性の製品は100サイズ目安)は、一着ずつ店頭に陳列されている。

顧客は仮想試着システムを通じて製作したイメージを持って、売り場の中で実物の製品を探して着てみることができる。製品を着てみ気に入ったら、その状態のままですぐさま購入することができ、もし色や長さ、スタイルなどを自分のスタイルに合わせて新たに製作したい場合は、店頭に設置されたカスタムメイドの無人機でこの作業を行うことができる。決済が完了したら売り場の従業員は顧客が注文したカスタム服のスタイルを各ブランドに送り、その後は各ブランドが24時間以内に衣類を製作して店に配送する。

この無人システムでは店舗内に配置されたすべての製品が入っているが、カスタマイズできる範囲は製品ごとに異なる。ある製品は色だけを交換することができ、ある製品は色と長さの両方を調整することができる。衣類は東大門や新堂洞にある縫製工場で製作する。顧客は完成した衣服を店頭で受け取ることもできるし、宅配便で受け取ることもできる。

韓国のファッション産業協会は、「ウィズイン24」を通じて国内アパレル業界に新たなビジネスモデルを提示し、新進デザイナーブランドに成長の機会を提供できるものと期待している。

25日、ソウル市と産業通商資源部が発表した「東大門ファッション市場活性化5大プロジェクト」はカスタムメイド服のサービスのほかに、モノのインターネット(IoT)と5G技術を利用して東大門の複数の縫製工場を接続するネットワーク構築も含まれた。これによって大規模な物量を受注しても、工場ごとに最適化された量を配分して生産するシステムを2020年までに推進する。

また、人工知能(AI)がビッグデータで個人別にスタイルをカスタマイズ分析した後、商品を購入するまで連携する、スタイル推薦売り場「マイスタイルラップ(仮称)」もローンチする。今年の下半期にはスマートフォンアプリの作成と、東大門の小売り商店街内への試験出店が目標だ。

映像で製品情報を提供し、購入を誘導するマーケティング手法である「V-コマース」を裏付ける「V-コマーススタジオ」も、今年の下半期にオープンする。また、東大門の販売代理店とデザイナー、大邱・京畿の生地・染色会社、ソウル市昌信洞の縫製業者を接続するデータベースも構築することにした。

ソウル市のパク・ウォンスン市長は「ソウルの代表的な製造業のファッション・縫製のルネサンスを引き出すには、東大門一帯を世界的なファッション業界のハブとして戦略的に育成しなければならない」とし、「ソウル市で推進するファッション・縫製の支援事業と連携し、ファッション産業の活性化を積極的に支援する」と述べた。
  • 毎日経済_キム・ハギョン記者/チェ・ヒョンジェ記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2019-04-25 19:25:11