トップ > コリアナウ > 社会 > 韓国の最高年俸を受ける専門職は?

韓国の最高年俸を受ける専門職は?

弁理士、9年目専門職所得1位...1人当たり平均5億5900万ウォン 

弁理士が9年目、収入が最も多い職業の座を守った。

21日、国会企画財政委員会セヌリ党のパク・ミョンジェ議員室によると、昨年1人当たりの平均取得が最も高い職業は、弁理士(5億5900万ウォン)であり、弁護士(4億900万ウォン)と通関士(2億9600万ウォン)がその次だった。続いて、会計士(2億8500万ウォン)と税理士(2億5400万ウォン)、法務士(1億4700万ウォン)、建築士(1億1900万ウォン)、鑑定士(6900万ウォン)の順だった。

これは、付加価値税申告納付額に基づいて推算したもので、代表的な高所得専門職とされる医師は、医療用役が付加価値税を免除されており、統計から除外された。

弁理士は、計算統計が始まった2005年以後、9年連続で1位の座を占めている。弁護士と関税士もそれぞれ2位と3位を9年間、1度も逃さなかった。
  • 毎経ドットコム_速報部 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2014-08-21 08:32:24