韓「独島守護全国連帯」…「防衛白書」抗議で訪日


  • 「独島守護全国連帯」、日本の「防衛白書」採用抗議



韓国の市民団体が日本の独島領有権主張に反発し、日本の総理室と防衛省を抗議訪問すると発表した。

「独島守護全国連帯」は28日、ソウル市鍾路区の旧日本大使館の向かい側の「平和の少女像」の前で記者会見を開き、「日本は独島領有権を主張し、2019年版防衛白書を再び採用した」と糾弾した。

この団体は「日本政府は独島が日本固有の領土と記述した防衛白書を15年めで発表している」とし、「歴史捏造の防衛白書の即時廃棄を要求する」と述べた。

チェ・ジェイク議長は「今回の訪問は独島守護全国連帯の16回目の日本への抗議訪問」だとし、「36年血の歴史を記憶しているわれわれ国民がいる限り、日本政府の侵略史は決して消されることはない」と述べた。

この団体は30日、日本の総理室に抗議文を渡して、防衛省の前で防衛白書糾弾声明を発表する予定だ。

日本政府は今月27日に閣議を開き、独島領有権主張を盛り込んだ2019年版防衛白書である「日本の防衛」を採択した。
  • 毎日経済デジタルニュース局] | (C) mk.co.kr
  • 入力 2019-09-28 09:34:38