習主席「韓・中は友人」…親密さを強調

韓・中首脳会談 

  • 文在寅(ムン・ヂェイン)大統領は23日午前、北京の人民大会堂で習近平中国国家主席(右)と首脳会談を行う前に握手し、記念撮影をしている。 北京=イ・チュンウ記者



習近平中国国家主席は23日に北京の人民大会堂で開かれた韓・中首脳会談で、「中国と韓国の両国は地域内の平和と安定と繁栄を促進し、多国間主義と自由貿易体制を守護するなど、多くの点で広い共感を持っている」と述べた。文在寅(ムン・ヂェイン)大統領は「北・米の対話が中断しつつ韓半島の緊張が高まる最近の状況は、私たち両国はもちろん北韓にも決して利とならない」と述べた。

米国と北韓間の対話基調が中断される危機に向き合った韓・中首脳は、北韓の核問題の平和的解決の必要性について意見を同じくした。北韓が年末を期限に「新しい道」を模索することがありうると圧迫している中で、習近平主席が北韓に対話復帰を間接的に促したものと見え、北韓側の反応が注目される。

習主席は「われわれ(韓国と中国)はずっと緊密に協力してきた友人でありパートナー」だとし、「両国の共同の利益を守り、広げなければならない」と述べた。文大統領も「せっかく得た機会が結実につながるように、より緊密に協力していくことを望む」と強調した。

文大統領と習主席の首脳会談は今回が6回目で、今年6月に大阪のG20首脳会議を契機に行われたことに続いて6ヶ月ぶりだ。この日の首脳会談は当初の予定よりも25分長くなった55分間行われた。以後の昼食会まで続いた。習主席はこの日、自由貿易体制守護の重要性を強調して目を引いた。

中国が米国との貿易紛争を継続している状況で、米国側を牽制するための性質の発言でもある。習首席は「中国と韓国は世界で重量感と影響力のある国」だとし、「私は文大統領とともに、両者の関係が新しくより高いレベルに上がれるように牽引する役割を発揮するつもり」だと強調した。

2年前に同じ場所で開かれた首脳会談では、韓国内の高高度ミサイル防衛システム(THAAD/サード)配備の問題で辛辣な会話がやりとりされたが、この日の習主席はサードと関連した言及をおこなわなかった。文大統領は「少しの間さびしいかもしれませんが、両国の関係は決して離れることはできない歴史と文化を持っている」と述べた。
  • 毎日経済_北京=キム・ソンフン記者/キム・デギ特派員 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2019-12-23 18:24:06