成都での韓・日会談…強制徴用など立場の違い変わらず


  • 文在寅(ムン・ヂェイン)大統領は24日午後、中国四川省のシャングリ・ラ ホテル 成都で安倍晋三首相に会い、首脳会談を前に握手して挨拶を交わしている。 成都=イ・チュンウ記者



韓・日の首脳が24日(現地時間)、中国四川省の成都で15ヶ月ぶりに単独首脳会談を持ったが、日本の輸出規制と強制徴用被害者問題に関する従来の立場を繰り返して平行線を走った。ただし両首脳は今回の首脳会談の開催じたいに意味を付与して、今後の実務交渉を促して両国間の葛藤懸案を解いていくことで合意した。

韓・日・中の首脳会議に出席するために中国の成都を訪問した文在寅(ムン・ヂェイン)大統領と安倍晋三首相は会談で、日本の対韓輸出規制と強制徴用問題などをはじめとする懸案について議論した。コ・ミンジョン青瓦台報道官は会談後に記者らと会って、「ムン大統領は日本の輸出規制措置と関連し、日本がとった措置は7月1日以前の水準に早急に回復されるべきだと述べ、安倍首相の格別な関心と決断をお願いした」と明らかにした。

これに対して安倍首相は「3年半ぶりに(韓・日の当局間で)開かれた輸出管理政策での対話が有益だったと聞いた。今後も輸出当局間の対話を通じて問題を解決しよう」と述べたと報道官は伝えた。強制徴用問題と関連しても、両首脳は対話を通じた問題解決の必要性については共感を獲得した。ムン大統領は安倍首相に、両国間の問題を解決するための実務協議が円滑かつスピーディーに進行できるようにしようと提案した。ムン大統領は「今回の(韓・日首脳間の)出会いは、対話を通じて問題を解決できるという希望を両国国民に与える契機になってほしい」と強調した。

この日ムン大統領は韓・日関係改善の意志を積極的に明らかにしつつ会談に臨んだ。ムン大統領は冒頭発言で「日本と韓国は最も近い隣人であり、非常に大きな同伴者だ。いっとき不便なことがあっても、決して離れることができる間ではない」と強調した。安倍首相は冒頭発言で「私としても重要な日・韓関係を改善したいと考えており、今日は非常に率直な意見交換を行うことができればと思う」とした。安倍首相は「北韓問題をはじめ、安全保障問題は日本と韓国、そして日本と韓国と米国のあいだの協力が非常に重要だ」と述べた。

一方、ムン大統領と李克強中国首相そして安倍首相は、第8回韓・日・中首脳会議で米・北対話を早期に再開するために外交的努力を継続していくことで合意した。
  • 毎日経済_成都=キム・ソンフン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2019-12-24 18:11:44