韓・日の関係悪化…両方ともに「負けゲーム」

韓・中・日のCEO調査 

「韓・日関係の悪化は両国ともに被害だ」「韓・中関係の悪化は中国よりも韓国にはるかに大きな悪材料だ」

政治・社会・経済的に複雑に絡み合った韓・中・日の協力関係は、3カ国の企業の状況に対する認識にも微妙な温度差を表わした。韓・日間の相互補完的な経済協力の構造を示唆するように、両国関係の悪化が両国企業の双方に被害があるという回答が主を成した。

韓・日関係によって事業にいま現在悪影響があるかを問う質問には、韓国と日本でそれぞれ46%と34%が深刻あるいは若干の影響があると答えた。また現在の状況が続く場合に深刻あるいは若干の影響を懸念する回答は、韓国と日本でそれぞれ52%と39%に高まった。

昨年、日本の奇襲的な対韓輸出規制後に高まった韓・日間の対立は、経済的な側面ではどちらかが勝者になる構造ではなく、両者ともに敗れる結果を招くという認識だ。

一方、韓・中関係では中国企業よりも韓国企業の一方的な被害に対する懸念が大きかった。韓・中関係のために現在被害が発生しているという企業は、韓国が67%であるのに比べて中国は6%にとどまった。

また現在の状況が続く場合、将来にも被害が発生すると見るかについての質問では、韓国企業では被害が発生するという回答が72%まで上昇した。一方で、中国企業は現在の状況が続く場合、将来的に悪影響があるだろうという回答は7%台にとどまった。韓・中関係の悪化による被害は、韓国企業がはるかに強く感じているわけだ。

これに対して中国本企業研究院のチョンイェン院長は、「中国が科学技術の面で急進的に発展し、韓・日の技術力と中国生産の初期設定はますます曖昧になっている」とし、「それぞれの利点を相互に補完する方法を見つける必要があるだろう」と説明した。同氏は「3カ国がともに貿易投資を増やすことができる方案を見出し、地域と世界に貢献しなければならない」と主張した。

今後の国家間の関係でも、対象国間の認識の違いが確認された。戦後最悪という評価を受けている韓・日関係と関連しては、すべてにおいて非常に悪化したという回答が韓国と日本の企業でそれぞれ72%と69%に達した。

両国関係の展望と関連して、韓国では若干改善されるとの見通しが70%だったが、日本では大きな変化がないだろうという回答が51%で最も多かった。最近の韓・日首脳会談後、韓国企業は両国関係が改善されるだろうという点を強調しているのとは異なり、日本では留保的な意見も少なくないわけだ。

ただし韓・日関係に対する昨年の調査では、韓国と日本でそれぞれ51%と46%が悪化するとの見通しをしていたことに比べて、今年は改善に重みを置く意見が増えたことは肯定的な変化だ。
  • 毎日経済_特別取材チーム | (C) mk.co.kr
  • 入力 2020-01-07 17:41:15