大邱20代の確定者「サイトカインストーム」症状…治療中に


大邱で「新型コロナウイルス感染症(コロナ19)」の確定判定を受けた20代の患者1人が「サイトカインストーム」症状を示して重篤なことが分かった。

大邱市のキム・シヌ感染症管理支援団長は20日、大邱市の定例ブリーフィングで「地域のコロナ19確定者のうちの重症患者を年齢帯別に区分した内容は言うのははばかれるが、26歳の患者1人が含まれている」とし、「サイトカインストームの症状があり、命を救おうと努力している」と述べた。

サイトカインストームは、ウイルスなどに感染したときに免疫システムが過剰に反応し、正常細胞まで攻撃する現象をいう。

中央防疫対策本部は肺炎の兆候が見られた後に死亡した高校生A君(17)は、コロナ19診断テストで最終的に陰性判定を受けたと明らかにしたが、医療界の一部ではサイトカインストームを疑う意見が出ている。

※関連記事「「サイトカインストーム」懸念広がる…健康な人ほど危険」。
  • 毎日経済デジタルニュース局 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2020-03-20 16:54:37