大邱・慶北地域の完治率50%超える…感染者発生から38日ぶり

集団発症は相変わらず継続 

  • 3月27日0時の状況


国内コロナ19確定者のうち83%を占めている大邱・慶北は去る27日、初の感染者が発生してから38日ぶりに初めて完治率50%を超えた。また全国の完治率もこの日現在で48.5%を記録し、週末のあいだに50%を超えるものと見られる。

しかし大邱市達城郡のミジュ(MIJU)病院で感染者52人が大量に発生し、保健当局の遅れた取り組みが再びまな板に上がった。ミジュ病院は感染者90人が発生した貸し部屋療養病院(3~7階)のような建物を使用している。

中央防疫対策本部によるとこの日の午前0時の時点で国内のコロナ19確定者は計9332人で、前日0時よりも91人増加した。最近は一日の新規感染者数は100人前後を記録している。全国的に約81.8%は集団発生と関連している。海外流入感染者も発生しており、去る26日の一日新規感染者91人のうち13人は検疫過程で確定された。海外流入確定者はこの日までに309人で、このうち外国人が31人だ。週末を控えたこの日、防疫当局は集会・ミーティングの自制を要請し、来月5日まで強く推進する「社会的距離を置くこと」に積極的に参加するよう促した。

ユン・テホ中央事故収拾本部防疫総括班長は政府世宗庁舎で開かれた定例ブリーフィングで、「国民の日常生活を制約する措置は国民の参加を前提に進めているが、数ヶ月のあいだ持続することはできない」とし、「4月6日以降、あるいは状況がよくなったときに備えた指針を用意する」と述べた。同氏は「持続可能な防疫システムはどんなものか、日常生活、仕事、公共交通機関の利用時にどのように行動すべきかのような内容が全体的に扱われなければならない」と付け加えた。

これに先立ってこの日午前、丁世均(チョン・セギュン)国務総理は中央災難安全対策本部会議で、経済活動や日常生活を営むことができる新しい防疫指針作りに言及した。

学校始業後の感染症に対する懸念について、ユン防疫総括班長は「子供のためのベビーマスクの供給を拡大する努力が、部処間の協議を経て行われている」と述べた。最近、シンガポールで始業後に感染した事例が出てきて、始業の日程に対する懸念が高く、始業そのものに対してもまだ意見が分かれている。

チョン・ウンギョン中央防疫対策本部長もこの日の定例ブリーフィングで、「少しでも体が悪かったり症状があるときは、学校に送り出さないように家で管理するのが出発点」だとし、「学校に来たときは熱画像カメラや非接触体温計など、さまざまな手段で発熱や症状を確認することが必要であり、中間に担任教師が学級単位で子供の健康状態を探るマルチレベルの監視措置が必要だ」と述べた。また「社会的距離を置くことは一定期間を継続することが必要であり、年配の方が多い老人ホームや介護施設は集中管理を要求したい」と述べた。

このような中で26日、国内のコロナ19の震源地だった大邱・慶北地域での完治率が50%を超え、新たな転換点になると思われる。

大邱・慶北地域は確定者7754人のうち4027人が完治判定を受けた。先月18日に大邱で最初の感染者が発生した後の38日ぶりだ。いま現在治療中の感染者は3115人で、このうち1796人は全国68の病院で、1254人は生活治療センターで治療を受けている。自己隔離は65人だ。

とは言え、この日は大邱市達城郡のミジュ病院で感染者52人があふれ出た。精神病院であるこの病院は先月26日、患者1人がコロナ19に感染した後に従事者72名と患者286人について全数調査した結果、従事者1人と患者51人が感染したことが分かった。まだ49人の診断検査の結果が出ておらず、追加の確定者もあるだろうと懸念される。ハンサラン療養病院とキムシン療養病院でもそれぞれ1人と5人の確定者が発生した。
  • 毎日経済_大邱=オ・ソンドク記者/チョン・スルギ記者/キム・ヨンジュ記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2020-03-27 18:05:21