20代日本人男性を拘束…コロナ自己隔離違反で

外国人で初の事例 

韓国保健当局の「新型コロナウイルス感染症(コロナ19)」隔離措置を破り、複数回にわたって住居を無断離脱した日本人男性が拘束・収監された。

ソウル西大門警察署は21日、感染症予防法違反の疑で日本人男性A(23)氏を拘束したと発表した。

先月2日に就労ビザで韓国に入国したA氏は空港でのコロナ19検査で陰性判定を受け、2週間のあいだ自己隔離することを通知したが、これを破って延べ8日にかけて無断外出した疑いを受けている。

外国人が国内の自己隔離措置違反で拘束されたのは今回が初めてだ。

警察は先月21日、ソウル西大門区庁でA氏が無断で自己隔離場所を離脱したという告発状を受け付けて捜査している。警察は「閉鎖回路(CC)TV映像とカードの使用内訳などをもとに、A氏が自己隔離期間中に住居を離れてレストランや動物病院などを訪問した事実を確認した」と明らかにした。

警察はA氏に対して拘束令状を申請し、裁判所はこの日に検察が請求した令状を発行した。
  • 毎日経済_デジタルニュース局 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2020-05-21 18:52:00