京畿道、遊興施設に「集合禁止」行政命令



京畿道は「梨泰院クラブ」で始まったコロナ19が拡散傾向を見せていることから去る10日、遊興施設などの多重利用施設に下した集合禁止名命令をさらに2週間延長した。今回の一連の命令対象には「団らん酒場」と「コインノレバン(カラオケ)」が追加された。

京畿道は23日、このような内容を盛り込んだ「首都圏集団感染防止のためのカラオケなど多重利用施設に対する集合禁止行政命令」を23日正午から6月7日の深夜まで下すと明らかにした。

「集合禁止」対象は都内の既存の遊興施設(クラブ、ルームサロン、スタンドバー、キャバレーなど)5536ヶ所と、感性酒場133ヶ所、コルラテック65ヶ所に、新規にキャバクラ1964ヶ所とコインカラオケ665ヶ所が追加されて総8363ヶ所だ。
  • 毎日経済デジタルニュース局 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2020-05-23 11:12:41