[フォト] 前方基地でバルカン砲の訓練



北韓が開城(けそん)市の南北共同連絡事務所の爆破に続いて軍事行動を予告したことで、接境地域では緊張感が高まっている。18日、京畿道坡州(ぱじゅ)市の接境地域内のある山で軍将兵が対空火器のバルカン砲を設置している。
  • 毎日経済_ハン・ジュヨン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2020-06-18 17:48:40