光州に続き全南も…「距離の確保」第2段階に格上げ

光州で小学生が感染 

光州広域市に続き、全南道も「社会的距離の確保」を2段階に格上げした。これによって室内で50人以上、屋外で100人以上の集会や行事の開催は全面的に禁止される。全国的にコロナ19の確定者が3日連続で60人台を記録し、中央レベルで「社会的距離の確保」を2段階に強化しなければならないという声が高まっている。

  • キム・ヨンロク全羅南道知事(MBNニュース)


キム・ヨンロク全羅南道知事は5日のブリーフィングで「6日から2週間、防疫手順を社会的距離の確保第1段階から第2段階に上げて強力な防疫措置を実施する」とし、「同じ生活圏である光州市でここ一週間の間に70人以上も確定されて接触者も急増しており、光州市と同じレベルの防疫手順が必要であると判断した」と語った。全南地域では感染者が計27人発生したが、このうち13人が地域感染だ。

  • 光州市で小学生が感染


9日ぶりに感染者82人が発生した光州市は、強度の高い行政措置を発表した。確定者が発生した光州北区のイルトン初等学校はこの日から19日まで、2週間の遠隔授業に転換される。
  • 毎日経済_パク・チンジュ記者/キム・ヨンジュ記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2020-07-05 23:23:03