「コロナGHウィルス」…伝播力、次元が違う

中央防疫対策本部 

現在、国内で流行中のコロナ19ウイルスのタイプは「感染力が6倍高い」というGHグループであることが確認された。変種であるGHグループウイルスの伝播速度が最高で6倍速いという研究結果は、米国の研究者らが最近出したものだ。

政府は「さらに研究が必要」というは慎重な立場をとっている。ただし中央防疫対策本部鄭銀敬(チョン・ウンギョン)本部長はGHグループの特性上、伝播力が高いと推定されるとの意見を出した。

6日の中央防疫対策本部によると、国内で検出されたウイルス526件の遺伝子分析の結果、GHグループのウイルスが63.3%にあたる333件で最も多く、続いてVグループウイルス127件、Sグループウイルス33件、GRグループウイルス19件、 Gグループ10件、その他のグループ4件などの順だった。

チョン本部長はこの日、忠清北道五松の疾病管理本部で開かれた定例ブリーフィングで「去る4月初め以前には、主にSとVグループが確認された」とし、「4月初めに「慶北醴泉(いぇちょん)」の集団発症と5月初めの「梨泰院クラブ」の発生事例以来、「大田訪問販売業者」と「光州光勒寺」関連の事例を含めて、最近発生した事例はGHグループに属するウイルスが検出された」と明らかにした。

GHグループウイルスは全体の約63%を占めている。

梨泰院クラブ、京畿道の富川クーパン物流センター、首都圏開拓教会、ソウルの訪問販売業者「リッチウェイ」、サムスンソウル病院、陽川区卓球場、道峰区「誠心デイケアセンター」、ソウル市庁駅の安全要員など、ここ最近首都圏で発生した集団感染事例で主に検出された。光州の光勒寺と大田訪問販売業者や「夢みる教会」などもGHグループに属する。

チョン本部長は「最近、韓国を含めて世界的にGHグループのウイルスが主に流行中」だとし、「GHグループウイルスはS(グループウイルス)遺伝子の変異で、細胞での増殖がより優れており、人体細胞の感染部位とよく結合して伝播力が高いと推定している」と述べた。
  • 毎日経済_イ・サンギュ記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2020-07-06 15:58:53