ビル・ゲイツ氏、文大統領に書簡…「K防疫」評価

ゲイツ財団がワクチン開発費を支援 

マイクロソフト(MS)の創業者であり、ビル&メリンダ・ゲイツ財団理事長であるビル・ゲイツ氏が文在寅(ムン・ヂェイン)大統領に書簡を送り、「韓国が民間分野でワクチン開発の最前線にいる」と評価した。また、コロナ19に対応した韓国の防疫に賛辞を送り、世界的な保健対応の過程での協力を強化しようと提案した。ゲイツ理事長は先だって去る4月の文大統領との電話通話でも、コロナ19への対応協調とワクチン開発での協力問題を議論したことがある。

26日、ユン・ジェグァン青瓦台副報道官は「ゲイツ理事長は今のような困難な時期に、文大統領が見せてくれたリーダーシップと世界保健のための努力に謝意を表した」とし、「政府とゲイツ財団の協力をより強化して、コロナ19などの世界的な保健対応で文大統領と一緒に働けることを願っている」と伝えた。

書簡は去る20日、青瓦台に伝達された。ゲイツ理事長は書簡で「韓国のコロナ対応に感銘を受けたし、素晴らしい防疫とともに韓国が民間分野ではワクチン開発などで先頭にある」と個人的な所感を明らかにした。

ゲイツ理事長はSKバイオサイエンス(SK bioscience)について言及し、注目を浴びた。同氏は「SKバイオサイエンスがワクチン開発に成功すれば、来年6月から年間2億個のワクチンを生産することができる」とした。先だってゲイツ財団は、SKバイオサイエンスのワクチン研究に開発費360万ドルを支援している。SKバイオサイエンスは最近、スウェーデンのアストラゼネカ(AstraZeneca)社が開発中のワクチンの生産を担当する協力意向書を締結し、業界で注目を浴びた。

ユン副報道官は「ゲイツ理事長が韓国で開発されているワクチンを使用して、わが国の国民と世界各国の厳しい状況に直面している人々が恩恵を受けられるように、韓国政府と一緒に働くけることを願って希いると明らかにした」と伝えた。

ゲイツ理事長は韓国政府とゲイツ財団が共同で造成したライトファンドの出資規模も拡大するという立場を明らかにした。ライトファンドは世界の公衆衛生の増進を目的として、2018年に保健福祉部とゲイツ財団、国内の各生命科学企業が共同出資した500億ウォン規模の官民協力の非営利組織だ。韓国政府とゲイツ財団は2022年まで、半分にあたる250億ウォンをそれぞれ出資する計画だ。青瓦台の関係者は、「政府が出資金を増やすかは、時間を持って決めるつもり」だと述べた。

またユン副報道官は「ゲイツ理事長は先月開催されたグローバルワクチンサミットで、韓国側が世界ワクチン免疫連合(Gavi)に対する貢献の意志を表明したことに謝意を表した」とした。続いて「最近、金正淑(キム・ヂョンスク)女史が国際ワクチン研究所(IVI)の韓国後援会名誉会長に推戴されたことを祝って、コロナ19の治療とワクチンの公平かつ公正な普及のための世界的な連帯を支持したことについて敬意を表した」と説明した。
  • 毎日経済_イム・ソンヒョン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2020-07-26 18:27:52