中国、韓国人留学生・就業者の入国を許容

中・韓で航空便の増便も協議中 


  • チャン・ハソン駐中韓国大使


「コロナ19」の拡散後は中国に戻れずにいる韓国人留学生と韓国人就業者は、来月からビザを受けて中国に入国することができるものと思われる。中国がコロナ19事態の後、これまでのビザに対する緩和措置を出したのは今回が初めてだ。

27日、チャン・ハソン駐中韓国大使は北京特派員らとの懇談会で「中国が留学生と就業者(Zビザ所持者)、ビザの申請時点で有効な居留証を所持した同胞の3つのグループに対するビザ発給に合意した」と明らかにした。ビザ発給の開始時点は8月初めになると伝えられた。

ただし居留証を持っていたが期限の切れた人は、入国可能対象から除外された。これに対してチャン・ハソン大使は「すでにビザの期限が切れた方は今後、中国側と協議をさらに進めなければならないだろう」と述べた。中国当局はコロナ19の逆流入を防ぐために、3月28日から有効な滞在ビザと居留許可証を持った外国人も入国を阻止した。

現在、駐中国大韓民国大使館はビザの問題とともに、航空便の増便に関する協議も中国側と進めている。チャン大使は「(中国が)私たちのニーズと企業の需要にある程度呼応をしている」とし、「韓・中両国がコロナ19の感染傾向を安定して管理するという前提の下で両国間の航空運航の便数を増やし、生活に必要な場合にはビザの問題を解決するところに全力を尽くす」と強調した。

駐中韓国大使館によると、5月1日から6月末までに韓・中両国が合意した「迅速通路(企業入国簡素化)制度を通じて、特別チャーター機26便が運航しており、企業人3700名あまりが韓国から中国に入国した。チャン大使は「迅速通路制度を通じて中国にきた後、韓国に帰る航空便をわが国の同胞が積極的に活用できるように、企業にも協力を要請した」と述べた。
  • 毎日経済_北京=キム・デギ特派員 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2020-07-27 21:04:17