カカオ「ウェブトゥーン」日本で突風...「ピッコマ」売上げ1位

「アプリアニメ(AppAnnie)」のレポートで 

世界最大の漫画市場である日本で、カカオ(kakao)の漫画アプリ「ピッコマ(Piccoma)」は7月の月間売上げで1位に上がった。 2016年4月に日本の漫画市場にデビューしたピッコマが、第1位に上がったのは今回が初めてだ。

カカオジャパンは10日、世界的なアプリ調査会社アプリアニメ(AppAnnie)のレポートの結果、7月の月間ベースではピッコマが日本の二大アプリマーケット(Apple App StoreとGoogleプレイ)で、非ゲーム部門のすべてのアプリの中で連結売上げ1位に上がってたと明らかにした。全世界のランキングでは12位に該当する規模だ。

ピッコマはサービス開始後、毎年2倍以上に売上高が増加してきた。今年の第2四半期の取引額は前年比で2.5倍増加し、前四半期比で61%成長した。昨年の第4四半期から今年の第2四半期まで、3四半期連続の営業利益黒字を記録して収益性も高まっている。日本の漫画市場は5兆7000億ウォン規模で世界1位だ。ピッコマが所属しているアプリ漫画市場は8000億ウォン規模だ。

ピッコマは韓国型ビジネスである「ウェブトゥーン」で日本の漫画のファンを魅了した。ウェブトゥーンはモバイルに最適化され、スナックカルチャーコンテンツを好む若い世代を中心に絶大な人気を得ている。ピッコマはカカオのコンテンツプラットフォーム子会社であるカカオページで良質の国内コンテンツの知的財産権(K-story IP)を供給されている。 7月の時点でピッコマの3万種あまりの作品の中でウェブトゥーン作品数は1.3%に過ぎないが、全体の取引額ベースでは35~40%を占め、爆発的な人気を博している。
  • 毎日経済_オ・デソク記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2020-08-10 20:28:13