【韓国でアンケート】夫に対する基準は価値観 40.2%

結婚情報会社エンノーブル、未婚女性247人を対象にアンケート 

あるコミュニティーで、このようなタイトルの記事を見たことがある。

「女性が思う結婚してはいけない女性1位は?」

「性格の悪い女性?」こう思いながら記事を読んでいると正解が出てきた。
男性たちが一番喜びそうな女性が「結婚してはいけない女」だというのだ。

それでは女性たちが選ぶ夫候補はどんな男性だろうか。
ハンサムな男性は候補に入れないだろうか。

結婚情報会社エンノーブルが未婚女性247人を対象に実施したアンケート調査の結果によると、夫を選ぶ基準で順位がかなり下がった。

未婚女性たちが夫候補を選ぶ時に一番考慮する点は「性格や価値観」だった。
回答者の40.2%が性格と価値観を最も重要視すると答えたそうだ。
人生の優先順位を決めることからライフスタイル、経済観念、家族に対する献身、子供が生まれたあとの育児やしつけ方、妻の実家に対する見解や態度が価値観から始まっているため、ある意味では当然だと思うのも理解できる。

2番目に考慮する条件は家庭環境(30.3%)だった。
睦まじい家庭で暮らしたのか、暴君の父から虐待を受けて育ったのか、人生のパートナーを決めるのに重要な参考になるのも無理はない。それに家庭環境を見ると社会的地位や経済的環境、つまり現実的な側面が見当がつくということだ。

この他、「経済力」を選んだ人は17%で「外見」を挙げた回答者は8%だった。
「学歴」と答えた回答者は4%しかいなかったので、いい大学を卒業してたくさん学んでも、結婚にはあまり役に立たないようだ。

エンノーブルの関係者の話によると、同じ価値観を共有している男女が結婚に至る可能性が高く、結婚した後の人生に対する満足度も高い。
  • Lim, Chul
  • 入力 2021-01-07 00:00:00