トップ > テクノロジー > IT・科学 > 韓「標準必須特許」保有件数で1位国に…1位企業はサムスン電子

韓「標準必須特許」保有件数で1位国に…1位企業はサムスン電子


  • 韓「標準必須特許」保有件数で1位国に…1位企業はサムスン電子

全世界で「宣言標準特許」が集計され始めた1967年以降、韓国が保有している累積特許の数が史上初めて世界1位を達成した。

特許庁は8日、国際標準化機構(ISO)と国際電気技術委員会(IEC)および国際電気通信連合(ITU)の3大標準化機構に韓国企業・機関が申告した宣言の標準特許が1967年から昨年までに総3344件にのぼり、世界1位を占めたと発表した。これは2016年の累積値に比べて6.4倍に増えたものだ。

標準特許はISO・IEC・ITUのような世界標準化機構が定めた標準技術を含む特許をいう。回避設計が不可能で、その技術を利用することなしには関連製品を生産することは難しい。例えばLTEと5GはBluetoothなどの標準的技術を使用して製品を生産・販売するためには、この特許をかならず使用しなければならない。世界標準化機構とは、すべての国の工業規格を標準化・規格化するための国際機関だ。企業が自社の保有する特許を標準特許と「宣言」して標準化機構にこれを申告すれば、その後の標準規格との整合性に対する検証過程を経て標準特許として認められることになる。

世界3大標準化機構に昨年までに申告された宣言標準特許は総1万4232件で、韓国が申告した標準特許はこのうち23.5%の割合を占めている。韓国は2016年から2019年まで4年連続で5位を記録したが、昨年一気に4階段上昇して頂上に立った。特に昨年になって宣言標準特許が急激に増加した理由は、サムスン電子がISOなどの映像コーデックと関連した特許2500件を集中宣言したためと分析される。サムスン電子はこれらを含む累積2799件の特許を国際標準化機構に申告し、世界1位の企業として名を上げた。 2位はフィンランド企業のノキア(2559件)であり、仏トムソンライセンシング(907件)が後に続いた。
  • 毎日経済 | イ・セボム記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2021-05-09 22:38:39