トップ > テクノロジー > IT・科学 > サムスン電子、演算性能を2倍強化した「第2世代スマートSSD」を開発

サムスン電子、演算性能を2倍強化した「第2世代スマートSSD」を開発


サムスン電子が演算処理性能を2倍強化した「第2世代スマートSSD」(ソリッドステートドライブ・補助記憶装置)を開発したと21日、明らかにした。世界SSD市場占有率1位のサムスン電子は、再び技術の格差を証明して下半期半導体市場の需要縮小を打開する考えだ。

SSDは従来のハードディスクに半導体を搭載し速度を大幅に引き上げた記憶装置だ。スマートSSDはデータ保存機能だけがある従来のSSDを再びアップグレードし演算プロセッサーを搭載したのが特徴だ。メモリー半導体が直接中央処理装置(CPU)の代わりに演算作業も遂行するわけだ。このようになれば、すべてのデータが必ずCPUを経る必要がなくなるため「ボトルネック現象」が大幅に減少する。処理速度が大幅に速くなるという点でデータ使用量が多い人工知能(AI)、自動運転など次世代情報技術(IT)分野で注目されている。

サムスン電子が今回、米半導体企業のAMDと共同開発した第2世代スマートSSDは2020年の第1世代スマートSSD以降、2年ぶりに公開された新作だ。第1世代スマートSSDは昨年「CES革新賞」を受賞し、世界的に成果を認められた。 新作は演算性能が前作より2倍以上向上した。

これを企業システムに適用すれば、一般SSDを搭載したものより演算処理で時間は最高50%以上、エネルギー消耗は最大70%、CPU使用率は最高97%まで減らすことができる。
  • 毎日経済 | オ・チャンジョン記者
  • 入力 2022-07-21 17:25:39