寒波に選択したブーツ、脚の健康は準備しましたか?


寒波の風を防ぐためにブーツを着用する女性が多い。ブーツは汗と熱を外に排出せずに内部で細菌が繁殖しやすく、それによって足の臭いを誘発したりもする。したがって冬場は特に足の健康管理に神経を使うのが良い。

まず、冬場であれば足の臭いがひどくなって悩みなら、事務室でだけは厚いブーツをしばらく脱いでおいて、風通しが円滑なくつを履くのが良い。また、ブーツの中に履く靴下は、汗の吸収が優れた素材を選択し、抗菌および脱臭機能のフットミストをたびたびかけて臭いをなくす。

ブーツを長く履くと空気が通らなかった足が容易にむくむ場合もある。ふくらはぎまで上がってくるロングブーツほど血管を収縮して血液循環と新陳代謝を妨害して、容易に疲労を感じたりする。この時にはクーリングマッサージ効果機能がある化粧品やパッチ製品をつけて足とふくらはぎの疲労をほぐすのが良い。

冬場には特に皮膚が乾燥しやすいが、足は皮脂腺がほとんどなく、多く乾燥した部位のうちの1カ所と指折り数えられる。かかとが白くなってたこのように角質が積もり始めたら、爪切りで切らずに専用角質除去器を利用して押し出すのが良い。

シャワーを終える前に水が十分に付いた足に、足専用スクラブをするのもなめらかなかかとを育てることが出来る方法だ。角質を除去したあとには保湿効果があるクリームを十分に塗ってしっとりと維持するのも忘れてはならない。
  • MKファッション_イ・エウォン記者/写真=MKファッション
  • 入力 2014-01-22 14:39:19