憤怒調節障害、気づかぬうちに「ムカっ」ときた時の原因と治療法は?


憤怒調節障害の症状に対する関心が高まっている。

憤怒調節障害は、外傷後悲憤障害(PTED / post-traumatic embitterment disorder)の別の言葉で精神的苦痛や衝撃の後に不当さ、侮蔑感、挫折感、無力感などが持続的に頻繁に現われる不適応反応の一形態だ。

これは、不当な待遇を受けたという信念に基づく憎悪と憤怒の感情状態が長く持続される特徴がある。その原因は、(自分の人生が)不当だというところで受けるストレスに起因することが明らかになった。

憤怒調節障害には、大きく衝動的憤怒爆発型と習慣的憤怒爆発型の二つに分けられる。衝動的な憤怒爆発型はよく言われる「多血質スタイル」で到底我慢できずに怒りが爆発する形で現れる。習慣的な憤怒爆発型は、声の大きい人が勝つというスタイルで憤怒表出が効果的だった経験を踏まえて時間がたつほど憤怒表出の頻度が高くなる場合だ。

憤怒調節障害の治療のための最初の方法は、感情調節の心理カウンセラーを訪れ、心理療法を並行することだ。心理的な安定を保つことが最も優先であるためだ。また、「私は憤怒を調節し表現することができる人」という自分への励ましと、30秒間すべての行為を中断すること、第3者として状況を観照することなどを通じて克服することができる。
  • 毎経ドットコムデジタルニュース局 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2015-02-09 09:54:59