名節、ストレスをほぐしてくれる「ヒーリングストレッチング」


民俗最大の名節正月。久しぶりに会う家族と楽しい時間を過ごす人もいるだろうが、家族たちに連れまわされてストレスを受ける人達も少なくない。この時は、簡単な「ストレッチング」で少しでもストレスを減らすことができる。

長距離運転をしなければならないとすると、自動車シートから点検したほうが良い。背中とお尻をカーシートに密着して、腰が浮くような感じがすれば補助クッションを追加する。膝とペダルの角度は60度に合わせ、手首の下にステアリングホイールが位置するように固定する。

また、長距離運転にはストレッチングが必須だ。長時間同じ姿勢で運転することになると、筋肉が容易に固まるので休憩所に立ち寄るたびに、簡単にでもストレッチングをするのが良い。

座った姿勢で上体をまっすぐ伸ばし、片手で反対側の頭をつかんで首を引くと、肩と首の筋肉のこりを和らげることができる。片手は肩の後ろに回し、もう一方の手は背中の後ろに回して握って引っ張る。反対に繰り返すと凝った腕と背中の筋肉をほぐすことができる。

また、腰を伸ばして地に両足を踏んだ姿勢で足を後ろにたたみ、手で足首をつかみ、お尻につくように引っ張る。次に、足を前方にたたんで上げて両腕で足を包み込むようにつかみ、胸に届くようにつかんで引っ張る。最後に、足首を地に向かって時計方向と反時計方向に回して、緊張していた足首のストレスも弛緩される。
  • MKファッション_イ・イェウォン記者/写真_Photopark.com
  • 入力 2014-01-29 16:19:56