小頭症 憧れの対象「小さい顔」、良いだけだろうか?


韓国ではひときわ、小さい顔に対する憧れ感が強く現れる。特に、背より身体の比重を重要視するため、小さい顔に病的に執着する性向が目立つ。しかし、過度に小さい顔を知的障害を引き起こす恐れがあるという研究結果が話題を集めている。「小頭症」という、頭周りが約48㎝以下であったり、10歳以下の小児が平均頭周りより約5cm以上小さい人を称する。

小頭症の原因には遺伝的な要因と、妊娠中に骨盤部に受けるX線照射などによる外部的な要因がある。特に先天的小頭症は、脳の発達過程で引き起こされる発達性小頭症で、顔の大きさは正常か頭の骨が非常に小さく、精神遅滞の症状が現れる。

小頭症は身体発育には障害がないが、ひどい場合は精神薄弱だけではなく、脳回転硬化、狭小、脳公証、脳梁欠損などが一緒に現れることがある。また、二つの破壊、潜在性二分脊椎または、他の部位の奇形を伴う例もある。

このように、憧れの対象だった小さい顔の断面が水面上に浮かび上がりながら、大衆の関心が集中している。しかしこのような危険性にも依然として水頭を渇望する社会的雰囲気は高まっている。
  • MKファッション_パク・シウン 記者/写真_shutterstock 提供
  • 入力 2014-02-04 17:57:10