下衣失踪ファッションで健康も失踪?


足を長く細く見えるようにし、体の比率を理想的に作ってくれる「下衣失踪」スタイルに対する女性たちの愛は変わりがない。

厳しい寒さにコートをしっかり抱えても、足を露出する下衣失踪ルックにこだわる理由もここにある。しかし冷たい温度に足を長い時間露出することが健康に有害ではないだろうか?

答えは「有害だ」だ。冷たい気温が長時間体の中に入り込み新陳代謝が落ちて身体活動が鈍くなり、酷い場合には手足を冷やす手足の冷え性や血液循環障害を起こすこともある。冷たい気温に腰周辺の筋肉の急な収縮で腰痛も誘発することがあるため、普段腰や血液循環が良くない人は特に下半身を暖かくしなくてはいけない。

新陳代謝が落ちれば老廃物排出を円滑にできなくなり、下半身が冷えれば上半身に熱が集まることに加えて、皮膚疾患を誘発することもある。

また下半身が冷えれば下腹が冷えて生理不順、生理痛、子宮筋腫、子宮内膜症のような女性疾患を誘発することもある。また体温が下がれば人体は熱を発生させ体温を維持しようとするが、長時間熱を出すためにエナジーを多く消耗すれば慢性疲労を誘発し、免疫力を下げることもある。

さらに、体温を維持するのに筋肉の役割が大きいので女性の場合、体温が下がれば再び上げる能力が男性より劣るので普段暖かく体温を維持することがさらに良い。

漢医学的にも体の中を暖かくすることが健康を維持する方法だということが定説であり、下半身を冷たくすれば腎臓と膀胱の気運が弱まって疲労感をもたらすとして知られている。

下衣失踪スタイルは足の皮膚にも良くない影響を及ぼす。冷たく、乾燥した風が多く吹く日にはストッキングを履いていても下半身をしっかり覆わないと足が簡単に乾燥する。とても長い時間冷たい風に露出させるときは痒みまで伴い、頻繁な下衣失踪ルックは皮膚乾燥症やひび割れまで伴うことがあるので下衣失踪ルックを着ていても、足の肌の保湿に気を使わなくてはいけない。
  • MKファッション_チョ・ヘウォン記者
  • 入力 2014-02-05 14:47:10