トップ > テクノロジー > IT・科学 > ファインド講師、人気講師仲介市場つくる

ファインド講師、人気講師仲介市場つくる

www.findks.com 

  • ファインド講師、人気講師仲介市場つくる
ミン・ギョンファン代表(30)がつくった「ファインド講師」は、主題別企業教育講師を渉外してくれるサイトだ。

現在3000人余りの講師情報が登録されており、6000人余りの企業教育担当者が利用するほど認知度が高くなった。ターゲットは2時間未満の企業特講市場だ。業界は、市場規模をおよそ1000億ウォン台と推算する。講師出講手数料、企業教育バナー広告などが主な収入源。法人設立2年ぶりに年売上10億ウォンを見通す。

ミン代表がアイディアを得た過程は大層ではない。「2006年ある経済団体で特講を毎週聴いたが、その時講義が非常に有益で大きな助けになった。ふと"こんな方をどうやって渉外するのだろうか"という好奇心が生じた」「できるだろう」心を決めて試験版サイトを初めて開いた時は、大学4学年だった2009年。学生時代、各種アルバイトと少額株式投資で稼いだお金を合わせ、資本金500万ウォンを集めた。初期には知人が紹介してくれたプログラマーが着手金300万ウォンをもって潜伏するというハプニングも経験した。

ミン代表は、「始まりが順調ではなかったが、夢でも仕事をするくらい没入していた」と話した。

当時だけでも企業教育分野は、すでに成熟期に差しかかった中高校市場と比較するのがきまりが悪いほど遅れていた。オフライン少数教育コンサルティング業者が講師の情報を独占、閉鎖的な形態で運営されていた。ミン代表はこの点に注目した。閉鎖的なプロセスを開放型に変えさせれば市場が急成長するだろうと見たもの。誰も試みなかった講師と需要者間の双方向疎通空間を開いたのも業界で初めてだったが、講義評点と講師紹介動画も導入し、コンテンツ品質を高めた。

企業HR担当者の間で次第に口コミが出ながら、デソン産業のキム・ヨンデ会長とも縁ができた。ファインド講師を利用しHP教育を経験していた教育部長の積極的な推薦で、デソン産業の教育事業パートナーとして選定された。2013年4月からは、収益の一定比率を共有する条件で、ディーキューブシティ15階132㎡(40坪)空間を無償で提供を受けた。

ミン代表は、最近自身だけの独特なストーリーを持った多様な人が講師として活動するトレンドに注目する。「ベビーブーマー世代の引退が始まりながら多くの知識、経験が早めに死蔵する場合が多い。講師をしたい全ての人が利用するプラットフォームに育てるのが私の目標だ」
  • 毎経エコノミー_ベ・ジュンヒ記者
  • 入力 2014-01-06 09:26:50