トップ > テクノロジー > 健康・医学 > 太めの若い女性にアトピー注意報

太めの若い女性にアトピー注意報

ボディマス指数25kg/m2、胴囲80センチ以上の女性はアトピーのリスクが3.29倍 

肥満とアトピー性皮膚炎の相関関係が明確に明らかにされていない中で、太った若い女性がアトピー性皮膚炎にかかる危険性が高いという研究結果が出た。

カトリック大学ソウル聖母病院皮膚科のパク・ヨンミン教授(交信著者)とイ・ジヒョン教授(1著者)、内分泌内科のイ・スンファン教授(交信著者)のチームが、2008~2010年の国民健康栄養調査資料をもとに19~40歳の成人5202人を調査した大規模な研究の結果、ボディマス指数25kg/m2以上で腰周りが80センチ以上の女性は、アトピー性皮膚炎の発症率が3.29倍高く、若い女性の全身肥満に同伴する腹部肥満がアトピー性皮膚炎の主要な危険因子と確認されたと8日、明らかにした。

研究者はまた、アトピー性皮膚炎の複合要因である年齢、喫煙、飲酒、運動、ビタミンD、所得水準、結婚有無などを補正した後の女性のボディマス指数が30kg/m2以上であればアトピー性皮膚炎の発生リスクが4.08倍、腹囲が80センチ以上であれば2.05倍高くなり、性別、肥満とアトピー性皮膚炎との相関を証明した。

男性・女性ともに成人のアトピー性皮膚炎の患者は未婚が多く、一般的に年齢が高くなるとアトピーが発生する傾向が減少するが、肥満であればアトピーの傾向が高まることが分かった。

内分泌内科のイ・スンファン教授は「肥満は様々な炎症性サイトカインや脂肪組織から分泌されるアディポカインの分泌異常を誘発して、免疫システムの不均衡をもたらすため、アトピーがひどくなるものと見られる」と述べた。皮膚科のパク・ヨンミン教授は「今回の研究結果、女性の肥満はアトピー性皮膚炎との関連があるので、体重調節が予防に役立つと期待して、完治の治療法がなく、生涯の管理が必要な疾患であるため、肌への刺激を引き起こす汗、汚れた物質、ダニを除去し、肌が乾燥しないように、保湿剤をできるだけ頻繁に塗るほうが良い」と助言した。

今回の研究では、喘息およびアレルギー分野の国内最高の英語学術誌『AAIR』(Allergy、Asthma&Immunology Research)3月号に掲載された。
  • 毎日経済 イ・ビョンムン 医療専門記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2016-03-08 09:55:19