トップ > テクノロジー > 健康・医学 > 大韓皮膚医師会、「正しい脱毛治療剤服用守則」発表

大韓皮膚医師会、「正しい脱毛治療剤服用守則」発表


脱毛治療剤市場が10年間で4倍以上急増するほど、脱毛患者が大きく増えている。しかし、一部の患者が皮膚科専門医の診断なしに症状に合わない脱毛治療剤を選択したり、間違って服用して副作用を訴える事例があり、注意が要求されている。

大韓皮膚科医師会(会長イム・イソク)は、脱毛患者が脱毛治療剤を正しく服用して効果的な治療結果を得ることができるよう手助けするために、脱毛患者の性別、脱毛類型および段階などに応じた「正しい脱毛治療剤服用守則」を発表した。

イム・イソク会長は「脱毛は医学的治療を通じて十分に治療が可能な疾患であるため、脱毛症状が疑われる場合、皮膚科専門医の治療後に自身の脱毛状態に合う適切な治療法を選択することが最も重要だ」とし、「長期的に効果的な治療効果を見るには脱毛治療剤を用量と用法に合わせて服用し、着実に治療することが推奨される」と助言した。

男性型脱毛治療ガイドラインによると、男性にはフィナステリド製剤(1mg)と5%ミノキシジル製剤を、女性には主に塗り薬で2%あるいは3%ミノキシジル製剤、またはアルファトラジオール製剤の使用を推奨している。フィナステリド製剤は長期間の治療時に男性型脱毛においては70~80%以上の症状の改善効果がみられるが、女性には明確な脱毛改善効果が論難があり、可妊期女性が服用する場合、胎児に影響を与える可能性があり注意が必要だ。ミノキシジル製剤は男女とも使用可能だが、男性は5%、女性は2%あるいは3%製剤を推薦する。

また、脱毛治療剤は必ず定量を服用しなければならない。フィナステリド製剤(1mg)は1日1粒服用すればよい。ミノキシジル製剤は1日の総投与量を2ml、アルファトラジオールは3mlに制限しているため、これを超えないように注意する。塗る脱毛治療剤はミノキシジル製剤は朝・夕に1日に2回、アルファトラジオール製剤は1日に1度使用することを推奨する。塗る脱毛治療剤は毛髪にふきかけては効果がないため、必ず頭皮にのみ塗らなければならない。

頭皮を完全に乾燥した状態で塗布することが効果的であり、薬物塗布後、患部をこすれば薬物の吸収に役立つ。夕方には乾燥のため、就寝2~4時間前に使用するのが良く、頭皮に空気が循環されると薬物の効果が減少することがあるため、ヘアドライヤーの代わりに自然の風で乾かさなければならない。

塗る脱毛治療剤が使用時に手や顔の部位について薬物に長時間さらされる場合、産毛が生じるなどの副作用が発生する可能性があるため、使用後には必ず手など、薬物が付いた部位を流れる水できれいに洗うのが良い。
  • 毎日経済_イ・ビョンムン医療専門記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2014-06-02 10:54:55