トップ > テクノロジー > 健康・医学 > チョン・ジヒョンが使用するシャンプーを使えば自分の髪も輝くか?NO!

チョン・ジヒョンが使用するシャンプーを使えば自分の髪も輝くか?NO!

頭皮状態と頭髪状態を点検してシャンプーを選ぶ 

  • チョン・ジヒョンが使用するシャンプーを使えば自分の髪も輝くか?NO!
チョン・ジヒョンが使用するシャンプーを使えば自分の髪も輝くか?とんでもない!自分に合うシャンプーとコンディショナーをきちんと選んで使ってこそ、頭髪と頭皮を維持しながら趣を出すことができるものだ。自分に合わないシャンプーを選んで使う場合、頭皮が痒くなったりフケが生じる副作用を経験したり、脱毛までも経験するようになる。誤ったシャンプー法や誘惑的なモデルが提案するシャンプーを選ぶより、自分の頭皮状態と頭髪状態を入念に点検してみてシャンプーを選び、賢いシャンプーをしてみよう。

▶頭髪管理はシャンプーではなくコンディショナー


健康な頭髪管理のために、まずシャンプーとコンディショナーの機能を調べてみよう。髪の毛と頭皮に積もった埃と脂・頭皮に寄生する雑菌まですっきりと洗ってくれる役割をする。それだけ強力な洗浄力をもつため、頭皮でない顔や弱い肌に触れる時は肌トラブルを引き起こすことがあるため、注意しなければならない。コンディショナーは洗浄が終わった髪の毛に十分な水分を加え、やわらかくしてさらに強くしてくれる機能的役割をする。

▶あなたのヘアタイプは?


シャンプーをする前に自分に合うシャンプーを選ぶためには自分のヘアタイプを先に知ることが重要だ。通常は脂性・乾性・中性・複合性・損傷毛髪用に分類されて出るのがシャンプーの特徴だ。ヘアスタイルを頻繁に変えてヘア用品を頻繁に使ったり、頻繁にドライヤーをする人、カラーリングやパーマを頻繁にする人は、損傷毛髪用シャンプーを選ぶのが賢明だ。ここへまたひとつの機能が加わるが、演出したいスタイルによってボリューム・つや・水分・フケ専用シャンプーに分類されたりもする。市中に出ている多様なブランドの中から機能別に自分に合う製品を選べばよいが、成分を入念に比較して購入すれば、高級ヘアショップで勧める高いヘア製品を選ばなくても、いくらでも最適なヘアコンディションを維持することができる。

▶脂性


通常、シャンプーをした以降、半日程度が過ぎると頭がかゆかったり不快なほど髪がよく絡まりつくなら、100パーセント誤ったシャンプーを選んで使っている場合だ。解決できなさそうな問題だが、シャンプーひとつ変えることで生活が完璧に変わるということだ。脂性頭皮をもった人は毛髪管理と頭皮管理を別にできるシャンプーを使用し、頭皮の皮脂を調節してくれる機能性シャンプーを使用してこそ爽やかな頭皮状態を維持することができる。つやや保湿強化製品の場合、頭髪のための製品であるため必要以上の油成分が入っており、脂性頭皮には致命的になりえるため注意する。普段、スタイリングのためにムースやスプレー・ジェルとファックスなどをたくさん使う人なら、とくに脂性頭皮をもつようになる可能性が大きくなる。頭皮の健康のために頭皮に直接触れないよう注意することが何より重要だ。

▶乾性


乾性の場合、やはり頭皮と頭髪を別途に管理しなければならない。頭皮に栄養を与えるヘア製品を使用して頭皮管理をし、つやと水分を与えられるリッチなシャンプーを使用し、十分な水分と栄養供給ができるようにする。

▶正しいシャンプー方法


シャンプーを始める前に髪を一度全体的にとかすのがよい。このようにすれば髪を洗いながら激しくからまる場合を防止し、脱毛を減らすことができる。頭は温かい湯で洗い始める。温度があまりにも高いと頭髪と頭皮を同時に損傷させることがあるため、適度に温かい湯が良い。髪の毛と頭皮すべてが完全に濡れたら手の平にシャンプーを500ウォン玉ほどとった後、手でそっと揉む。

手で揉んだ後シャンプーすることで頭皮へのストレスを減らせる。適度に混ぜたシャンプーを頭皮からシャンプーする。マッサージするように適度な手の動作で指圧をしながらやさしくマッサージすることが重要だ。垢をはがすように激しく頭を手でこすったり頭皮を掻くようにきつく刺激を与えるのは避ける。爪が触れないよう指の柔らかい部分で円を描きながらシャンプーしながら毛先まで降りる。頭皮と頭髪全体にシャンプーされたなら、温かい湯で頭をすすぐ。

この時、自然に水が流れてすすがれるようにするのが重要だが、とくに女性の場合、長い髪をくるくる巻いて水を絞ったり、下に引っ張って水を払うのは絶対にしてはならない。髪の毛は濡れている状態が最も敏感な状態であるため、このような行為は頭皮と頭髪にストレスを与えて脱毛まで生じさせる。十分にすすいだ後に頭皮が涼しく軽い感じがするならコンディショナーを使ってもよい。しかし、まだ不快な気分がするならもう一度シャンプーをし、残っている残余物を洗い流すようにする。この時、あまりにもたくさんのシャンプーを使用する場合、過多に頭皮と頭髪を刺激して乾燥することがあるため注意する。

▶コンディショナー


シャンプーが頭髪にさらに密接した機能をする製品なら、コンディショナーは完全に頭髪のための製品だ。水分エッセンスやディープコンディショニングパックなど、その機能別に多様な製品が出ているが、シャンプーのように頭皮まで触れないようにするのが正しいコンディショナーの使用法だ。

機能別に髪の毛に合う高濃縮の栄養成分が入っているため、頭髪にのみ集中的に使用してこそその効果を極大化させることができる。使う方法によってすすぐリンス製品や集中的にパックをしてある程度放置する製品、塗ったままで生活できる製品など多様だ。頭髪が乾燥し、常に散らばる性質があるなら水分コンディショナーを使用する。通常、頭髪が含められる水分より重いタイプで髪の毛をまとめるため、スタイリングもはるかに楽になる。反対に、髪の毛がだらりと伸びている方ならシャンプー時に少し毛髪に栄養を与えた後、すぐに水ですすぐリンスアウトタイプを選び、髪の毛が軽く維持されるようにするのが重要だ。

ディープコンディショナー製品の場合、15分から20分程度製品を塗った状態でいてからすすぐ。製品を塗った状態では温かいタオルをつくって髪に巻き、栄養成分が最大限髪の毛に吸収されるのを助ける。最終的にすすぎが終われば、タオルで髪を巻く。激しく頭皮をタオルでこするのを避け、タオルに頭髪を包んだまま叩くように水分を払うようにする。

▶正しいシャンプー回数


シャンプーをする回数は自分の頭皮タイプによって変わる。ひときわきれい好きな人の場合、頻繁にシャワーをしてシャンプーをする傾向があるが、肌が乾燥することがあるため、適度に周期を置いてするのがよい。頭皮が脂性タイプの場合は一日に一回程度が適当だ。中性頭皮にトラブルヘアでない場合、また汗をたくさん流さない場合は二日か三日に一回ずつ髪を洗うのも頭皮の健康には支障がない。

しかし、都心の中で生活する現代人の場合、数多くの汚染物質にさらされているため、めったにありえないこととみなすのが当然だ。汗をあまりにもたくさん流したり、ひときわシャワーをたくさんするしかない状況である場合には、毎回シャワーのたびにシャンプーをせず、水だけで頭皮に積もった汗と老廃物をすすぐのも健康な頭髪を維持できる方法だ。

パーマやカラーリングで損傷したヘア状態の場合には、頻繁に頭を洗うことがむしろ害になることがある。毛髪が濡れるとさらに弱い状態になるからだ。このような場合には二日か三日に一回ずつ洗うが頭髪にのみ集中的な損傷毛髪用コンディショナー製品を使用するようにする。
  • Citylife_パク・ジュヨン フリーランサー/写真_photopark.com
  • 入力 2008-10-10 15:33:04