休暇シーズンの頭皮管理、帽子をかぶって毛髪用紫外線遮断剤を塗ろう

染色された毛髪はとても小さい刺激にも簡単に損傷 

日中の気温が30度を上下し、本格夏の休暇シーズンが近づいていることを知らせている。

多くの女性がなめらかなビキニスタイルを保護するサンケア製品、水にも消えないメイクアップ道具だけ取りまとめればすべての準備が終わったと油断したりする。ここに、唯一ヘアケアをおろそかにする。しかし、太陽の下で破損した毛髪と頭皮はややもすると脱毛を引き起こす原因になることがある。したがって、バカンス事前事後のヘアケアが非常に重要だ。休暇を思う存分に楽しみながら、紫外線から大切な毛髪を守ることができる方法を調べてみよう。

蒸し暑さを冷ますのを兼ねて海辺やウォーターパークを訪れる人々は、二重三重、紫外線遮断に気を遣わなければならない。熱い太陽の光に対する備えが疎かであれば、皮膚の炎症、火傷など各種病気に苦しめられる可能性があるからだ。したがって、避暑地では必ず帽子を着用して皮膚に日焼け止めを塗るように、毛髪や頭皮にも毛髪用紫外線遮断剤を入念に塗る必要がある。

また、時々バカンスを行ってきた後、ツートーン以上ヘアカラーが明るくなる場合がある。休暇気分を出すのをかねてしてみた染色がすぐに汚されて激しい場合、毛髪が釣り糸のように透明に写ったり切れてしまうことになること。

実際に、染色された毛髪は非常に小さな刺激にも損傷するため、海辺の塩分や熱い紫外線の影響でカラーが酸化されて色が変化することがある。したがって、染色毛髪には専用の製品を使ってカラーが変化することを予防し、家でもトリートメントを十分に活用して集中管理をすることが重要だ。

バカンスシーズンはややもすると毛髪に気を遣わなければ、頭皮の皮がはがれたり、じんましんの症状、脱毛までつながる可能性がある。したがって、髪の毛と頭皮まで熱い太陽の光から入念に保護してあげよう。
  • シークニュース_イム・ソヨン記者 / 写真_photopark.com
  • 入力 2014-07-18 14:47:30