トップ > テクノロジー > 健康・医学 > 腸の健康に良いという「プロバイオティクス」製品の選択法

腸の健康に良いという「プロバイオティクス」製品の選択法

歌手ユン・ジョンシン氏が苦しんでいる稀貴腸疾患「クローン病」で腸健康に対する関心高調 

最近歌手ユン・ジョンシン氏が苦しんでいる稀貴腸疾患「クローン病」が照明され、腸の健康への関心が高まっている。

腸は、食べ物を消化して吸収し、老廃物を排泄する器官として人体に重要な役割をする。腸の健康に問題があれば身体に栄養供給が円滑でなく、細胞に問題が発生したり肥満の原因となることがある。また、便秘などにより腹部にガスを発生させて頭痛を引き起こし、血液を汚し、腎臓や肝臓の健康を威嚇する。 健康を守るために腸の健康から取りまとめることが基本だ。

腸疾患は、運動不足、ジャンクフードの摂取により腸の免疫力が弱くなり発症する場合が最も多い。腸の健康を守るためには、正しい食習慣、適度な運動を通じて「腸の免疫力」を育てることが重要だ。普段、食べ物は十分に煮て、果物は流水で洗って食べたり、お腹を温めるなどの生活習慣は腸の免疫力を高める。

体内腸環境を改善させ、消化器の機能を円滑にすると同時に、免疫力の低下を防ぐのに効果があるプロバイオティクスを着実に摂取するのもいい。プロバイオティクス製品を選択する際に注意すべき部分は、有益菌数だ。一般的に、プロバイオティクス製品の場合、1億~100億匹程度の有益菌を含有しているが、実際に私たちが摂取したときに腸まで生きて到達できる数は比較的少ないため、できるだけ多くの有益菌の数が含まれた製品を選択するのが良い。

プロバイオティクスを研究しているキム・ソクジン所長は「プロバイオティクスは、妊婦や子供など、腸の健康には十分に留意する必要がある人々に腸の免疫を育てることができる」とし、「国内では既に2009年からプロバイオティクス韓国食薬処が一日最大推奨摂取量の45倍に達する4500億菌以上を含有した製品VSL#3も流通している」と説明した。
  • 毎経ドットコム_イ・ミヨン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2014-07-23 19:27:06