トップ > テクノロジー > 健康・医学 > 微細粉塵・スーパー黄砂…スマートな洗濯法

微細粉塵・スーパー黄砂…スマートな洗濯法

洗濯専門ブランド「クリントピア」 

  • 微細粉塵・スーパー黄砂…スマートな洗濯法
4月は春の外出に良い季節だ。微細粉塵やスーパー黄砂などから健康を脅かされているシーズンでもある。微細粉塵と黄砂を避けるためには黄砂マスク着用や家の掃除をきれいにすることが方法だ。

微細粉塵やカドミウム、鉛、アルミニウム、銅などのスーパー黄砂にのせられてくる有害物質などがくっつきやすい服や布団、カーテンなどをよく洗濯することも非常に重要だ。忙しかったり面倒だという言い訳で服や布団、カーテンなどの洗濯をおろそかにする場合、アレルギーや喘息などの疾患にもつながることがある。速くて手軽に服や布団、カーテンなどに浸透した微細粉塵や有害物質をなくす洗濯ノウハウを熟知して、微細粉塵とスーパー黄砂から家族の健康を守ろう。

一度着た服をその日に洗濯すると、何となく浪費だという考えをする人が多いが、微細粉塵やスーパー黄砂が猛威を振るう4月には、なるべくその日に着た服はその日に洗濯するのが良い。外出後、着ていた服はベランダで窓を開けてホコリを払い、微細粉塵が家の中に広がってくるのを防ぎ、すぐに洗濯をするのが良い。ホコリを払いのける場所が適切でなければ、ホコリ除去テープを使ってホコリを除去するのも方法だ。

交差が過ぎ去った後は、布団やカーテンの洗濯をすることが必要だ。カーテンの洗濯はなかなか意欲を出すのが難しいが、真空掃除機を使用すると、カーテンについているホコリや各種汚染物質を容易に除去することができる。また、カーテンに水を吹きかけた後、ストッキングをかぶせた空のペットボトルでなでおろしても良い。洗濯時には塩水を一緒に入れて洗濯物についている細菌を消毒するのが良い。

また、黄砂に含まれている金属性微細粉塵は、容易に洗濯されないため、下着と上着を区分して洗濯しなければならない。洗濯後には洗濯機内の洗濯槽にたまったホコリや繊維カスを除去してこそ、その後の洗濯物に再び付着して出てくることを防ぐことができる。洗濯後には洗濯物に微細粉塵がくっつかないように窓をよく閉めて室内で洗濯物を乾燥することが微細粉塵がくっつくのを予防する良い方法だ。

喚起がよくされていない室内では、洗濯物をふわふわに乾燥することは普段より容易ではない。クリントピアは、洗濯マルチショップ「クリントピア+コインウォッシュ」のコインランドリーでは、洗濯から乾燥まで約1時間で解決することができ、「黄砂の季節のスマート洗濯ソルーション」で人気を得ていると紹介した。クリントピアの関係者は、「コイン乾燥機の場合、家のホコリダニを撲滅する55℃の熱風乾燥と、落差によって叩くようにはたくタンブリング乾燥、払いのけたホコリやダニの死骸を吸い取る吸収機能などがあり、一般的な家庭洗濯とは異なり、完璧な乾燥でふわふわ感を感じることができる」と説明した。
  • 毎経ドットコム_キム・ユンギョン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2014-04-10 11:04:30