トップ > テクノロジー > 健康・医学 > 夏の湿気除去方法…新聞紙・コーヒーカス・キャンドル・粗塩

夏の湿気除去方法…新聞紙・コーヒーカス・キャンドル・粗塩

除湿機なしで生活の中の材料でも充分だ 

梅雨と台風の影響で湿度が高く、蒸し暑い天気が続き、夏の除湿方法が6日、オンライン上で話題だ。特に除湿機がなくても、新聞紙とコーヒーカス、キャンドル、粗塩などを利用して日常生活の中で簡単に湿気を取り除く方法が関心を集めている。

クローゼットや引き出しに新聞紙を巻いて服の間に入れておくと湿気の除去に役立つ。また、雨に濡れた靴の中に新聞紙をしわくちゃにして入れると、靴の中の水気も除去することができる。コーヒー専門店で使用して残ったコーヒーカスは湿気除去だけでなく消臭効果もあり、クローゼットや靴箱、冷蔵庫に入れておけばおくと有用だ。しかし、コーヒーカスは長く置いておくとカビが生えることがあり、留意しなければならない。キャンドルはつけておくだけでも湿気除去に大きな効果がある。キャンドルは燃えながら、空気中の湿気を吸い取るが、この時、嫌なにおいも一緒に除去する。また、粗塩を器に入れて置くか、薄い紙で包んでおけば、容易に湿気を除去することができる。
  • 毎経ドットコム 速報部 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2014-08-06 15:34:16