トップ > テクノロジー > 健康・医学 > 化粧品による眼球感染…使用者が予防してこそ

化粧品による眼球感染…使用者が予防してこそ

眼球感染の原因はバクテリア 

  • 化粧品による眼球感染…使用者が予防してこそ
毎年、多くの女性達が化粧品による眼球感染を訴えている。実際に、発売されるアイメイクアップ製品のほとんどが眼球感染の原因になるバクテリアが殺菌されて生産される。

問題は、他の微生物が生じないように製品を清潔に管理できていなかったり、開封後誤って使用するときに発生するものだ。目に関連する化粧品を誤って保管したり使用すれば、製品に危険なバクテリアがドラマチックな数で繁殖している。そして、このバクテリアのせいで目元に製品を使用すると最近に感染するのだ。

よって、FDAは目元の化粧品が消費者の手によって汚染されずに製品にバクテリアの増殖を抑制する防腐剤が含まれるように多くの措置をとってきた。しかし、化粧品業界が人体に害になる製品を作るはずがないため、何よりも重要なのは、消費者が製品を使用する際にいくつかの規則を守ることだ。

まず、刺激がくる製品の使用はすぐに中断し、刺激が持続すれば病院をただちに訪問する。また、手で目を触ると手に生息するバクテリアが目の感染を引き起こすことになることを覚えておこう。したがって、目元の化粧品を塗る前には必ず手を洗わなければならない。

その他にも、目元の化粧品に唾液が入らないようにして、古くなった製品は使用せずに新しいものを買う方が良い。

また、化粧品は他人と分けて使うものではないということを覚えておこう。他人のバクテリアが危険要素になることがある。

一方、自動車の中のような30度以上の暑い所で化粧品を保管しない。化粧品を長く放置すると、防腐剤が変質する可能性が大きいからだ。このように、消費者が常に注意を払ってアイメイクアップ製品を使用することが眼球感染を防ぐ最も効果的な方法だ。
  • シークニュース_イム・ソヨン記者 /写真_photopark.com
  • 入力 2014-08-16 14:38:19