韓、LTEの速度「世界最高」水準を維持

KTOA「2019年海外品質調査」 

韓国のLTEの速度は北米とアジアやヨーロッパなど、海外の主要都市よりも圧倒的に速いことが分かった。

韓国通信事業者連合会(KTOA)が16日に発表した「2019年海外品質調査」によると、韓国のLTEの平均ダウンロード速度は海外の主要都市よりも1.9倍から最大4.4倍まで速かった。

韓国のLTEの平均ダウンロード速度は150.68Mbpsだ。これはアジア(平均44.87Mbps)に比べて約3.4倍、北米(平均52.23Mbps)比では3倍以上も速いレベルだ。欧州(平均68.10Mbps)と比較しても倍以上の差だ。

海外の主要都市のダウンロード速度は、
 ▲米ニューヨーク34.01Mbps
 ▲東京46.55Mbps
 ▲米サンフランシスコ45.15Mbps
 ▲カナダのトロント77.544
 ▲香港43.18Mbps
 ▲英ロンドン56.07Mbps
 ▲仏パリ67.34Mbps
 ▲独フランクフルト80.88Mbps
などだった。

LTEのアップロード速度は韓国が43.93Mbpsであるのに対し、他の国は大半が20Mbps台にとどまった。カナダが30Mbpsをようやく超えて、韓国の次に速いアップロード速度を示した。

KTOAは「LTEサービスのダウンロード速度を比較したとき、韓国国内の平均は海外調査都市よりも1.9~4.4倍まで速いことが分かった」とし、「韓国の移動通信サービスの品質は、依然として世界最高水準を維持している」と説明した。

一方で公共Wi-Fiの平均速度は、最大30倍の差を見せた。韓国の公共Wi-Fiの平均速度(ダウンロード)は354.07Mbpsである一方で、
 ▲米ニューヨーク31.077
 ▲香港11.79Mbps
 ▲英ロンドン50.38Mbps
などだった。
  • 毎日経済デジタルニュース局_キム・スンハン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2019-12-16 15:55:42